最新号のご案内

人工知能ビジネス市場調査および人工知能概論
― 人工知能のビジネス活用概況2018年度版

(出版日:2018年09月28日)

詳しく見る

 企業における人工知能(AI)活用はICT戦略を考えていく上で重要な要素になってきています。MM総研の調査では、日本のAI導入率は2018年3月末時点で4.4%、市場規模に換算すると2017年度は2,568億円に拡大しました。市場は今後も拡大基調であり、2022年度には3,437億円に成長する見込みです。
 本レポートは、①WEBアンケート分析②PEST分析③人工知能導入成功のための鉄則④人工知能技術概論の4部構成になっており、「市場トレンド」から「導入のための基礎知識」までを網羅した内容になります。後半の「人工知能導入成功のための鉄則」と「人工知能技術概論」では、Shannon Lab株式会社による監修の下、これから人工知能を導入しようと検討している企業向けに、その鉄則とディープラーニングの基本的な仕組みを誰でも理解できる入門書としてまとめ上げました。
 人口知能技術の導入・活用・提供など様々なビジネスシーンで活用できるデータとして、ぜひ本レポートを活用いただけますと幸いです。

詳しく見る

  • 2011年09月07日

    スマートフォン利用実態と市場規模推移・予測(2011年9月)

    国内携帯電話市場は新販売方式の導入や買い替えサイクルの長期化により07年度:5,076、08年度:3,589万台、09年度:3,444万台と2年連続で縮小した。しかしながら、2010年度はiPhoneに加えてAndroidが急成長したことにより、スマートフォン出荷台数は855万台(前年比3.7倍)、総出荷台数も3,764万台(前年比9.3%増)となった。本レポートが11年度以降も更なる成長が期待されるスマートフォン市場の活性化の一助となれば幸いです。

  • 2011年06月07日

    スマートフォンユーザーの利用実態調査

    2010年度のスマートフォン出荷台数は携帯電話端末の総出荷台数の2割以上を占め、今年度は過半を占める勢い(MM総研調べ)となっております。またスマートフォン利用の拡大によりWebサイトの閲覧時間が長時間化するなど、トラフィックが増大する傾向にあります。本調査では、スマートフォンを利用する際のWeb閲覧やアプリ、端末の利用実態および3G回線の満足度、LTEに対する期待などをアンケートにより浮き彫りにいたしました。

  • 2011年04月20日

    電子書籍サービスおよび電子書籍端末の市場展望(2010年度)

    米国市場ではアマゾンKindleのような電子書籍専用リーダー端末に加え、Apple社のiPad登場により、電子書籍市場が拡大傾向。日本市場においても、2010年度はタブレット端末が複数発売され、電子書籍サービスへの取り組みを目的とした新会社やサービスが多数登場し“電子書籍市場元年”となりました。今後は、出版・印刷業界と通信業界(キャリア・メーカー)など、業界の枠を超えた連携が加速することで電子書籍市場の更なる拡大が予測されています。

  • 2010年10月14日

    法人ユーザーの携帯電話の導入配布状況・ニーズに関する調査(2010年度版)

     近年、企業活動における個人情報が多数入っている携帯電話・PHSを、企業として管理できない個人所有のままにすることを疑問視する声も聞かれております。本レポートでも、携帯電話・PHSを配布型に切り替える企業が年々増加している実態が明らかになっています。MM総研では、今後もこの増加傾向が続くと認識しており、法人市場の拡大・加速の一助となればと考え、本調査を昨年より実施しており、今回が2回目の調査になります。

  • 2010年09月23日

    携帯電話およびスマートフォン市場の将来動向分析

    携帯電話端末の出荷台数は新販売方式導入後の買い替えサイクル長期化により2007年度:5,076万台、2008年度:3,589万台、2009年度:3,444万台(MM総研調べ)と2年連続の減少となった。しかしながら、2009年度は前年度比4%減で当初見込みほどの減少幅にはならなかった。この理由としてはiPhoneを中心としたスマートフォン市場の拡大が市場縮小を最小限に留めた結果であるとMM総研では分析している。

    MM総研による各種市場分析データおよび携帯電話ユーザーに対するアンケートを基に今後の携帯電話端末およびスマートフォンの市場規模予測・分析(~2015年度)を行った。

  • 2010年02月26日

    携帯電話のリサイクル・中古市場動向と展望

    調査の背景
    ・新販売方式の導入に伴う端末価格の高騰や、不況の影響で販売価格が4万円台~6万円台となる新製品が敬遠される傾向が見受けられる
    ・経産省・総務省・環境省が携帯電話・PHSのリサイクルに関する取り組みを強化している
    ・一部の家電量販店や小売店で独自のポイント制度や商品券と引き換えに使用済み携帯電話の回収を開始
    ・一部の家電量販店や総合リサイクル店・PC中古専門店などで中古携帯電話の取扱いが増加傾向

  • 2009年12月16日

    映像配信サービスの顧客満足度調査

     従来の「衛星通信」や「ケーブルテレビ」による多チャンネル放送に加え、近年ではFTTHを始めとするブロードバンド環境の普及や、NGNの商用化などを背景に「IPマルチキャストサービス」「IP再送信サービス」「VODサービス」といったIPをベースとした新たな映像配信サービスが登場し、今後その普及が見込まれております。
     
     MM総研では、今後益々利用者増加が見込まれる「映像配信サービス市場」について、現在の利用者の満足度を統一の基準で測定し、業界全体の満足度水準、各サービスの満足度水準を明らかにする為に本調査を実施いたしました。


     尚、本調査では満足度の設問に加え、「現在気に入っている機能・サービス」や「今後欲しいと考える機能・サービス」、「入会のきっかけ」「入会のきっかけとなった番組/チャンネル」なども分析しております。

  • 2009年11月27日

    第2回 環境対策に関する消費者意識調査

     環境問題への関心が非常に高まっており、とりわけ企業の環境対策への取り組みには大きな期待や関心が寄せられています。そうした環境問題への関心が高まりを見せる中、MM総研では、今後の商品・サービス選定時の要件として「環境対策」を含むソーシャルマーケティングの機能が、従来のマーケティング機能に加えより重要な位置を占めるものと考え、本調査を企画致しました。今後も、定期的な調査を重ねていくことで業界発展の一助となれば幸いです。

  • 2009年06月25日

    法人ユーザーの携帯電話の導入配布状況・ニーズに関する調査(09年度上期版)

     近年、企業活動における個人情報が多数入っている携帯電話・PHSを、企業として管理できない個人所有のままにすることを疑問視する声も聞かれております。本レポートでも、個人情報保護対策の一環として、携帯電話・PHSを配布型に切り替える企業が年々増加している実態が明らかになっています。MM総研では、今後もこの増加傾向が続くと認識しており、法人市場の拡大・加速の一助となればと考え、本調査を企画致しました。

  • 2009年03月25日

    携帯電話の買替サイクルと市場展望分析

     2007年11月に大手3キャリア全てが端末料金と通信料金を分離する新販売方式を開始してから端末販売台数が減少傾向。2008年度の販売台数は前年度比2-3割減となる見込みである。その理由としては、新販売方式に伴う端末価格の高騰と景気低迷があげられる。

     一方で、携帯電話端末が不調ななか、データ通信カード端末とのセット販売による低価格小型PC(以下ネットブック)の市場が急速に拡大している。今後の次世代ネットワークサービスによる通信速度向上は、同市場の拡大を後押しする可能性がある。

     既存コンシューマ市場では買替サイクルの長期化による端末需要の減少が予測され、今後は、法人市場、スマートフォンなどによる個人・法人の両市場における複数台需要の拡大喚起が重要である。更にネットブックのような端末との融合、周辺市場との連携による新規市場の創出が市場活性化への重要な課題となるだろう。

     本調査では、個人名義で携帯電話を利用する個人ユーザーを対象としたアンケートとキャリアが発表する各種データおよびMM総研による考察によって、携帯電話の買替サイクルと携帯電話端末市場規模や新規市場の展望について分析しています。