最新号のご案内

2023年 文書情報管理関連製品・サービスの市場動向調査

(出版日:2024年04月11日)

詳しく見る

■調査概要

調査方法:キーパーソンインタビュー

調査対象:文書情報管理に関連する製品・サービス・ソリューションの提供事業者

回答件数:約20社(JIIMA会員/非会員企業)

調査期間:2023年8~11月

詳しく見る

  • 2021年02月14日

    RPA国内利用動向調査 2021(2021年1月調査)

      

  • 2020年10月30日

    スマートウォッチの所有・利用動向調査(2020年10月)

    ウェアラブルデバイスと呼ばれる製品群の中で、注目度の高い「スマートウォッチ」に焦点を当て、認知度や利用経験、所有状況、どのような機能を利用しているか、推薦度などをウェブアンケートで明らかにした。

  • 2020年09月08日

    国内法人におけるAI導入実態調査(2020年版)

    本レポートでは、国内企業に向けたWebアンケート調査を通じ、ユーザーの自社ビジネスにおける人AIソリューションの導入実態を明らかにした。AIベンダーやSIer、またはAI技術を活用するユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供する。

  • 2020年08月31日

    コラボレーションツールの利用動向調査(2020年度版)

     「コラボレーションツールの利用動向調査(2020年版)」に関する調査レポートの販売についてお知らせ致します。

     2020年は遠隔からのコミュニケーション通じて業務の生産性、効率性を高めるニューノーマルな働き方への転換が推奨され、コラボレーションツールの活用が飛躍的に進みました。特にWeb会議システムの活用が急速に拡大、ビジネスチャット、オンラインストレージなどのツールも、今後さらなる普及、発展が期待されています。

     本レポートは、法人ユーザー2,119名へのアンケート調査を通じて、「Web会議システム」「ビジネスチャット」「オンラインストレージ」「リモートアクセス」 「グループウェア」 「ワークフロー」などのコラボレーションツールの利用実態を明らかにしたものです。コラボレーションツールの普及、有効的な使い方についてICTベンダーやユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供致します。

     本レポートが業界発展の一助となれば幸いです。

  • 2020年07月31日

    国内クラウドサービス需要動向(2020年版)

    日本でも本格的な普及期に入ったクラウドサービス。主要なクラウドベンダであるAmazonやMicrosoft、Googleの業績は好調で、全世界的規模で活用が進む。クラウドサービスを使い分けるマルチクラウド化も進行している。

    今回は利用者・導入検討者の最新の実態を明らかにするとともに、2019年度実績および今後5年間の市場規模を算出・予測した。クラウド市場が急成長する中で、クラウドベンダーやSIer、構築・運用事業者、さらに、クラウドを活用するユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討の土台となるデータを提供する。

  • 2020年02月19日

    2020 RPA国内利用動向調査

      

  • 2020年01月28日

    IoTの利用・投資動向調査(2019年実施)

    国内企業によるIoT関連技術への投資状況や、導入者・導入検討者の最新の実態を明らかにするとともに、2019年の実績および今後の市場規模を予測する。

  • 2020年01月20日

    個人消費動向・EC・キャッシュレス決済市場調査(19年10月)

     本レポートでは、一般消費者18,381人へのアンケート調査を通じて、キャッシュレス決済に対する認知度、利用頻度を把握するとともに、モバイル電子マネー(9サービス)、QRコード決済(32サービス)に焦点を当てデータをまとめた。

  • 2019年11月14日

    リモート デスクトップソフトウェアの活用 製品比較調査

     

     

  • 2019年10月31日

    フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査

    フリマやシェアリング等コンシューマー向けに展開されているアプリ16種(MM総研独自で抽出)の利用実態をアンケートで調査。中でも、市場拡大スピードが早い「フリマアプリ」の利用実態を掘り下げた。また、昨今注目を浴び始めている「サブスクリプション」型のサービスについても利用率や利用意向を調査し、まとめた。