最新号のご案内

国内クラウドサービス需要動向(2019年版)

(出版日:2019年06月24日)

詳しく見る

対象市場:
国内法人ユーザーが利用するクラウドサービスを対象としている。クラウドの提供場所(データセンターのロケーション)を問わない。

分類:国内クラウド市場を以下のセグメントに分けて定義した。
■パブリッククラウド(サービスモデル別)
 ―SaaS・・・Software as a Service。クラウド基盤上で稼働するアプリケーションをインターネット等を経由して提供するサービス
 ―FaaS・・・Function as a Service。特定の機能や関数を「REST API」や「HTTP」、「モバイルアプリ」などで呼び出し、その実行環境をインターネット等を経由して利用できるサービス。サーバーレスで処理を実行でき、利用した機能分だけ料金計算されるのが特徴
 ―PaaS・・・Platform as a Service。サーバなどのインフラ(IaaS)に加えて、OSやフレームワーク、アプリケーションの開発・実行環境をインターネット等を経由して利用できるサービス
 ―IaaS・・・Infrastructure as a Service。仮想マシンやストレージ、ネットワークなどの基盤をインターネット等を経由して利用できるサービス 

■プライベートクラウド(実装・配置モデル別)
 ―コミュニティクラウド・・・自治体や銀行など特定業種や共同体専用のクラウドサービス
 ―デディケイテッドクラウド・・・クラウドサービス事業者が特定のユーザー企業に対して提供する専有(ホステッド)型のクラウドコンピューティング環境
 ―オンプレミス型プライベートクラウド・・・ユーザーが所有するIT資産によって構築・管理されるクラウド(所有型)

 

なお本レポートにおいて、クラウドの様に柔軟な利用が可能な専有型の物理サーバサービスをベアメタルクラウド(ベアメタルサーバ)として、上記クラウドサービスと並列して利用実態等を調査しているが、クラウドサービスの対象市場には含めず、市場規模の算出においては除外している。

詳しく見る

  • 2019年03月06日

    RPA国内利用動向調査(2019年1月調査)

      

  • 2018年12月07日

    業務ソフトウェアの利用動向調査(2018年版)

     「業務ソフトウェアの利用動向調査(2018年版)」に関する調査レポートの販売についてお知らせ致します。
    企業の生産性を向上させる業務ソフトウェアの活用が期待されています。大企業では、業務を統合管理するERPパッケージソフトウェア、自動化するRPAの導入が加速。一方で、中小企業では、業務ソフトウェアの導入が遅れています。
     本レポートは、法人ユーザー73,444名へのアンケート調査を通じて、財務・会計、人事・給与、就業管理、販売管理、生産管理などの各業務における業務ソフトウェアの利用実態を明らかにしたものです。業務ソフトウェアの普及に向けてICTベンダーやユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供致します。
     本レポートが業界発展の一助となれば幸いです。

  • 2018年09月28日

    人工知能ビジネス市場調査および人工知能概論
    ― 人工知能のビジネス活用概況2018年度版

     企業における人工知能(AI)活用はICT戦略を考えていく上で重要な要素になってきています。MM総研の調査では、日本のAI導入率は2018年3月末時点で4.4%、市場規模に換算すると2017年度は2,568億円に拡大しました。市場は今後も拡大基調であり、2022年度には3,437億円に成長する見込みです。
     本レポートは、①WEBアンケート分析②PEST分析③人工知能導入成功のための鉄則④人工知能技術概論の4部構成になっており、「市場トレンド」から「導入のための基礎知識」までを網羅した内容になります。後半の「人工知能導入成功のための鉄則」と「人工知能技術概論」では、Shannon Lab株式会社による監修の下、これから人工知能を導入しようと検討している企業向けに、その鉄則とディープラーニングの基本的な仕組みを誰でも理解できる入門書としてまとめ上げました。
     人口知能技術の導入・活用・提供など様々なビジネスシーンで活用できるデータとして、ぜひ本レポートを活用いただけますと幸いです。

  • 2018年05月09日

    国内法人における3Dプリンター導入実態調査(2018年版)

     本レポートでは、法人ユーザー600社へのアンケート調査を通じて3Dプリンターの利用者・検討者の実態を明らかにするとともに2016年~2017年の実績と2018年~2020年の予測を含む5年間の市場推移を掲載しています。さらに、メーカー、サービス事業者へインタビューを行い、各社の取り組みや販売戦略などをまとめました。3Dプリンター市場の成長を見越して、3Dプリンティング事業者やユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供致します。

     本レポートが業界発展の一助となれば幸いです。

  • 2018年05月07日

    タブレットの利用実態調査(2018年4月)

     タブレットの購入や利用状況について、金額、理由、利用シーンなど利用実態に関するデータに加え、今後の利用意向や購入時の参考情報などを性年代別や他人への推奨度(Net Promoter Score)別に調査・分析しています。

     MM総研は、本調査がタブレット端末市場の拡大・加速の一助となればと考え企画致しました。今後も、定期的な調査を重ねていくことで業界発展の一助となれば幸いです。

  • 2018年02月28日

    フリマアプリ・オークションサイトの利用動向調査

    2月6日発表の「フリマアプリ・オークションサイトの利用動向調査」リリースの詳細版

  • 2018年02月21日

    国内クラウドサービス需要動向(2017年版)

    企業のICTにおいてクラウドを優先的に活用する「クラウドファースト」の浸透が一層進み、クラウド市場は2016年度1.4兆円、2021年度には3.5兆円を超える市場にまで拡大することが見込まれています。

    本レポートは、法人ユーザー1,360社へのアンケート調査を通じてクラウドサービスの利用者・検討者の実態を明らかにするとともに2016年度および今後5年間の市場規模を算出・予測したものです。クラウド市場の成長を見越してICTベンダーやユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供致します。

  • 2017年11月09日

    中古端末の利用実態調査(17年10月)

     中古端末の購入や端末の売却・下取りサービスについて、金額、理由、利用場所など利用実態に関するデータに加え、今後の利用意向などを性年代別や所有製品別に調査・分析しています。

     MM総研では、今後も中古携帯端末市場は拡大傾向が続くと認識しており、市場の拡大・加速の一助となればと考え、本調査を企画致しました。

  • 2017年06月28日

    国内ドローン活用動向調査

     現在、小型無人機「ドローン」をビジネスに利用する機運が高まっています。一方で、15年4月22日に首相官邸にドローンが落下する事件が発生するなどの事件を受け15年12月10日に「小型の無人飛行機・ドローンの飛行を規制する改正航空法」が施行。ドローンの飛行に関する法整備が行われました。また、16年1月15日には、政府が国家戦略特区に千葉市を指定し、ドローンを使用した配送実験が行われています。
     利活用の拡大と環境整備が進むドローンの最新動向に関して市場分析レポートとしてまとめました。