• 2016年01月20日

    IoT(Internet of Things)の国内市場規模調査

    ■ IoTの国内市場規模は2015年度に2,930億円と14年度比69.1%増の見通し
    ■ 19年度の予想は7,159億円で、14年度から年平均32.8%の成長率
    ■ IoT導入企業が最も多い業種は「製造業」、導入の課題は「セキュリティ対策」

  • 2016年01月18日

    クラウド会計ソフトの利用状況調査

    ■ 個人事業主の会計ソフト利用率は33.2%、その内、クラウド会計ソフトは8.1%
    ■ クラウド会計ソフトの事業者別シェアは弥生が50.5%、Freeeが24.9%
    ■ 起業・独立直後や事業継続年数が若い事業者ほど、クラウド利用意向が高い

  • 2016年01月14日

    SIMフリースマートフォン市場規模の推移・予測(2015年9月末)

    ■ 2015年9月末スマートフォン契約数は7,237万件。うちMVNO SIM(※1)は321万件で、
     スマートフォン契約数に占める比率は4.4%
    ■ 2015年度上期のSIMフリースマートフォン出荷台数は66.8万台
    ■ 2015年度通期SIMフリースマートフォン出荷台数は135万台と予測
    ■ 2018年度SIMフリースマートフォン出荷台数は381万台と予測

  • 2016年01月12日

    法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2015年度版)

    ■法人名義の携帯電話・スマートフォン全体に占めるスマートフォン稼働台数の割合は3年後に50%を超える見通しに
    ■法人携帯電話・スマートフォンの総量も増加、災害多発に備えた連絡手段の確保などが追い風
    ■スマートフォンの従業員配布率は現在7.9%から3年後15.9%へ拡大の見通し
    ■タブレット端末の従業員配布率は現在2.9%から3年後6.0%へ拡大の見通し

  • 2015年12月17日

    2015年度上半期 国内PCサーバー出荷概況

    ■出荷台数は2.3%減の23万802台、出荷金額で9.8%増の1,230億円
    ■OS入れ替えやプライベートクラウド化に伴うサーバー集約で出荷金額が拡大

  • 2015年12月10日

    ITデジタル家電購入意向調査(2015年冬ボーナス商戦編)

    ■ボーナス支給額は改善傾向が続き、購買意欲も昨冬・今夏に比べ回復傾向
    ■購入意向はキッチン家電・生活家電、ITデジタル家電などが増加
    ■ITデジタル家電は、薄型テレビが1位に。ノートパソコン、スマートフォンが続く

  • 2015年12月08日

    国内MVNO市場規模の推移(2015年9月末)――2015年度末に4,000万回線突破が確実

    ■ 2015年9月末時点のMVNO回線契約数は前年比88.9%増の3,642万回線
    ■ 回線種別ではBWA(WiMAX / AXGP)が最多で、 前年比153.4%増の2,567万回線
    ■ 独自サービス型SIM の回線契約数は前年⽐76.1%増の405.8 万回線
    ■ 独自サービス型SIM の事業者別シェアは、NTTコミュニケーションズが23.2%で1位

  • 2015年12月01日

    ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2015年9月末時点)

    ■ 2015年9月末FTTH加入件数は2,728.9万件(15年度上期純増64.2万件)
    ■ NTT東西のFTTHシェアが7割を下回る
    ■ 光コラボレーション契約数は234.8万件、FTTH市場に占める割合は8.6%
    ■ 光コラボレーションではNTTドコモが首位
    ■ ソネットがISPのFTTH契約数シェアで3位に浮上

  • 2015年11月19日

    2015年度上期国内タブレット端末出荷概況

    ■ 2015年度上期のタブレット端末出荷台数は前年同期比8.0%増の446万台
    ■ Appleが169万台(シェア37.9%)で1位を維持するもシェアは減少傾向
    ■ OS別シェアはAndroid 212万台(47.5%)が1位。Windowsシェアも14.6%に拡大
    ■ 2015年度通期は980万台。1,000万台越えは2016年度と予測

  • 2015年11月18日

    2015年度上期国内パソコン出荷概要

    ■上期出荷台数は前年度同期比29.5%減の474.1万台、1999年度上期以来の500万台割れ
    ■Windows10の市場押し上げ効果は見込めず、15年度通期で1998年度以来の1,000万台割れを見込む