PC

  • 2020年05月21日

    2019年度 国内パソコン出荷概要

    ■ 出荷台数は1,530.4万台で前年度比29.3%増、出荷金額は1兆4,181億円、同30.7%増。

    ■ Windows10特需で法人市場は32.7%増の1,097.3万台 、個人向けは21.5%増の433.1万台で個人市場が台数で増加に転じたのは9年ぶり。

    ■ 20年度は新型コロナ影響の一方で、「GIGAスクール」で600万台の需要喚起見込まれ 11.7%減の1351.1万台と予想する  

  • 2020年05月07日

    「GIGAスクール」で設備需要が急伸

    ■「全教室無線化」未整備の学校が7割。GIGAスクール補助金で20年度中には急進展へ

    ■ PCなど端末も無線化計画にあわせ調達

    ■ 教科書などのデジタル学習コンテンツ予算化検討は3割で、デジタル教育普及に課題残す

    ■ 教育デジタル革新の実現に壁、サービスベンダーの役割に期待

  • 2020年03月10日

    2019年 暦年国内パソコン出荷概要

    ■ 出荷台数は前年比41.5%増の1,570万台で過去最高を記録

    ■ 法人市場向けは52.6%増の1,146万台、Windows7のサポート終了

     特需で過去最高を記録

    ■ 2020年は特需の反動減で26.3%減の1,157.5万台と予測

  • 2019年11月15日

    2019年度上期国内パソコン出荷概要

    ■ 上期出荷台数は前年度同期比50.2%増

    ■ 年度上期としては2010年代で最高の伸び率

    ■ 入れ替え需要により法人市場が63.0%増の582万台

    ■ 年度通期は27.6%増の1,510.4万台と予測

  • 2019年06月04日

    2018年度 国内パソコン出荷概要

    ■ 出荷台数は1,183.5万台で、前年度比14.5%増
    ■ Windows10特需で法人市場が26.3%増の826万台
    ■ 2019年度は13.1%増の1,339万台を見込む

  • 2019年02月06日

    パソコン導入におけるDaaS (デバイス アズ ア サービス) の 利用意向及び普及予測調査

    MM総研は2019年2月6日、国内中堅中小企業(SMB)を対象に、パソコンを所有せずに月額課金形式で利用するDevice as a Service(DaaS)の利用意向に関する調査結果をまとめた。

  • 2018年11月28日

    2018年度上期国内パソコン出荷概要

    ■ 上期出荷台数は前年度同期比6.4%増の524.3万台

    ■ 法人市場が14.8%増加し市場全体を牽引

    ■ 年度通期は7%増の1,107万台期待もCPU不足が顕在化

  • 2018年09月25日

    富士通が難問を高速で解く“量子”並みコンピュータ開発

    MM総研は9月25日、月刊IT総合誌「M&D Report」10月号(通算268号)を発売した。特集では富士通が開発した量子コンピュータ並みのコンピューティング技術「デジタルアニーラ」を取り上げた。一般的なコンピュータでは解くことが難しいと言われてきた「組み合わせ最適化問題」を高速で解く同技術について解説する。このほか、若い世代でブームになっているeスポーツにデルが専用マシンを投入、同市場に本格参入した戦略をレポートする。

     

  • 2018年05月24日

    2017年度国内パソコン出荷概要

    ■ 出荷台数は1,033.9万台で、前年度比2.2%増

    ■ 働き方改革等の影響で法人市場向け出荷台数は6.5%増の654.1万台

    ■ 2018年度は6%増の1,096万台を見込む

  • 2018年03月07日

    2017年国内パソコン出荷概要

    ■ 出荷台数は前年比1.7%増の1,025 万3,000 台
    ■ 法人市場向けは4.1%増、2020 年のWindows7 のサポート終了特需で今後も増加基調続く見通し
    ■ 個人向けは2.0%減で、14 年以降減少続く
    ■ 18 年は1085.7 万台と予測