• 2016年11月15日

    全戸一括型マンションISPシェア調査(2016年3月末)

    ■ シェア首位はアルテリア・ネットワークスの「UCOM光レジデンス」

    ■ 全戸一括型マンションISPの提供戸数は163.2万戸で前年比12.0%増加

    ■ 上位事業者が賃貸物件向けに本腰、賃貸向け市場は競争激化を予想

  • 2016年11月10日

    2016年度上期 携帯電話端末出荷と契約数の推移・予測

    スマートフォン出荷台数は1,216.8万台(8.4%減)、スマートフォン出荷比率は80.1

    Apple617.9万台で半期別シェア10期連続1位。スマートフォンシェア50.8

    SIMロックフリースマートフォンは前年同期比1.8倍の119.8万台

    2016年度通期は総出荷台数3,560万台、うちスマートフォン2,900万台で共に微減

    SIMロックフリースマートフォンは2020年度に530万台に拡大と予測

    2018年度にはスマートフォン契約数1億件を突破へ

  • 2016年10月31日

    絶対に盗聴不可能な次世代暗号技術「量子暗号通信」

    MM総研が10月25日発行したIT情報誌「M&D Report」11月号はすべてのモノがネットでつながるIoT時代を見据え、最新セキュリティ技術に関するテーマを取り上げた。

  • 2016年10月07日

    第4のコンピュータを生み出そう ――レノボ、富士通のパソコン統合交渉から見えるもの

    レノボ、富士通がパソコン事業の統合に向け交渉しているとの報道が10月6日流れました。筆者も同日夜放送のテレビ東京のニュース番組WBSに出演しコメントしました。時間の制約のなかで十分お伝えできなかったこともあり、コメントを追加させていただきます。

  • 2016年09月29日

    クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

    ■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型の利用率は17.2%
    ■ 設立1年未満の中小企業・団体では、クラウドの利用率が5割超
    ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が36.6%で首位
    ■ クラウド会計ソフトの導入メリットは情報の集約管理とコスト削減

  • 2016年09月26日

    携帯電話市場“台風の目” MVNOを多面的に分析・解説

    9月25日発行のMM総研の定期機関誌「M&D Report」10月号(通算244号)は携帯電話分野の成長市場「MVNO」について合計9ページにわたる特集を組んだ。メーン記事ではMVNO事業者の参入ラッシュで通信料金の“価格破壊”が起こる危機感から、大手キャリア3社は事業戦略見直しが不可避となる道筋を追う。

  • 2016年09月14日

    国内ウェアラブル端末の市場展望

    ■日本の市場規模は2016年度224万台、2020年度に577万台に拡大すると予想
    ■ ウェアラブル端末の知名度は8.7 ポイント上昇
    ■ 利用者の不満ポイントはバッテリー、価格、連携アプリ数
    ■ 業務利用は導入によるメリット訴求がカギ

  • 2016年07月28日

    MVNO の独自サービス型SIM 速度実態調査

    ■「繋がりにくい時間帯」はお昼の20 分ほど
    ■平日の速度計測(中央値、平均値)ではFREETEL 、BIGLOBE が上位に
    ■安定性と速度ともに高得点は休日がBIGLOBE と楽天モバイル、平日はFREETEL

  • 2016年06月28日

    国内MVNO利用状況調査

    ■ MVNO利用者の満足度は62.7%、推奨意向は67.9%
    ■ MNOとの比較では「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は少数にとどまる
    ■ 事業者別の満足度は1位「mineo」、2位「BIGLOBE」、3位「IIJ」
    ■ MVNO利用者の重視ポイントは、料金と回線速度
    ■ 今後はセキュリティオプションなどオプションサービスの充実化が求められる

  • 2016年06月23日

    2015年度 国内PCサーバー出荷概況

    ■出荷台数は5.5%減の47万8,446台と2年連続の減少
    ■出荷金額は6年連続の増加、前年度比4.9%増の2,590億円
    ■データセンター新設一巡で台数減も仮想化進展で金額は過去最高を更新