MM総研大賞

  • 2017年06月19日

    「MM総研大賞2017」審査結果のお知らせ

    ■ 「大賞」は日立製作所のIoTプラットフォーム『Lumada』

    ■ 「スマートソリューション部門賞」は、京セラコミュニケーションシステムのIoT向けネットワーク『SIGFOX』のほか、NTTコミュニケーションズ、DataRobot、NEC、NTT東日本、NTTドコモ、 

      富士通、日立(※大賞と同時受賞)

    ■ 「話題賞」は、セブン・ドリーマーズの全自動衣類おりたたみ機「ランドロイド」をはじめ、

      ビッグローブ、NTT西日本、Google、レノボ、宇宙システム開発利用推進機構が受賞

  • 2017年03月09日

    MVNO市場に挑戦する富士通コネクテッドテクノロジーズ

    MM総研の月間IT情報誌「M&D Report」の3月号(2月25日発行)は「MM総研大賞2016」の受賞企業記念対談を掲載した。富士通コネクテッドテクノロジーズのSIMフリースマートフォン「arrows M02/RM02」がSIMフリー端末分野での最優秀賞を受賞。同社の髙田克美社長は「端末ビジネスのノウハウ活かし新しいビジネス領域に挑戦する」と語り、成長市場のMVNOにかける意気込みを示した。(聞き手は弊社所長中島洋

     

  • 2016年11月25日

    NTTコム「Arcstar Smart PBX 」 セコム「セコム ドローン 」 

    MM総研は11月25日、月刊IT情報誌「M&D Report」12月号を発売した。シリーズ企画として、ICT社会の発展に寄与した製品・サービスを選ぶ「MM総研大賞2016」の受賞企業代表者との受賞記念対談を掲載。今月号ではNTTコミュニケーションズ丸岡亨常務取締役、セコム小松崎常夫常務執行役員それぞれに受賞対象製品・サービスの特徴などを聞いた

  • 2016年06月17日

    「MM総研大賞2016」審査結果のお知らせ

    ■最高賞の「大賞」は多分野のパートナー企業とコラボレーションするNTTドコモの『+d』
    ■「スマートソリューション部門賞」はソラコム、ニフティ、NEC、富士通コネクテッドテクノロジーズ、NTTコミュニケーションズ、日本マイクロソフト、セコム
    ■「コラボレーション部門賞」はNTTドコモ(※大賞と同時受賞)、日本経済新聞
    ■「話題賞」にはNTT東日本、VAIO、ケイ・オプティコム、東京ガス、WHILL、NHK

  • 2015年06月15日

    「MM総研大賞2015」審査結果のお知らせ

    ■「大賞」はソフトバンク ロボティクスの感情認識パーソナルロボット『Pepper』
    ■「スマートソリューション部門賞」はNECの顔認証技術、IBMの『Watson Analytics』はじめ、NTTドコモ、ソニー、KDDI バリューイネイブラー、ケイ・オプティコム、IIJ
    ■「ものづくり優秀賞」はサムスンの局面形状スマートフォン、NEC
    ■「話題賞」にはUber Japanのオンデマンド配車、富士通、タカラトミー、Sansan

  • 2014年06月30日

    「MM総研大賞2014」審査結果のお知らせ

    ■「大賞」は新電力エネットの法人向けデマンドレスポンスサービス『EnneSmart』
    ■「スマートソリューション部門」の部門賞はNTTコミュニケーションズ、日本通信、NTT東日本、NEC、本田技研工業、NTT BP、エネット(※大賞と同時受賞)
    ■「話題賞」にはトヨタ自動車『i-ROAD』、ぐるなびの『ぐるなびPRO認証システム3.0』、サムスン電子ジャパン『GALAXY Gear』など

  • 2013年06月18日

    「MM総研大賞2013」実施と審査結果のお知らせ

    ■「大賞」は、JR東日本の「Suica」が受賞、「10周年記念特別賞」も同時受賞
    ■「クラウドソリューション部門」は、NTTコミュニケーションズ、NEC パーソナルコンピュータ、さくらインターネット、日本オラクル、富士通、NECビッグローブ、レコチョクが獲得
    ■「グリーンIT賞」は、日本マイクロソフトが受賞
    ■「ものづくり優秀賞」は、シャープとNECが受賞
    ■「話題賞」は、アマゾン ジャパン、NTTドコモ、LINE、ガンホー・オンライン・エンターテイメントを選出
    ■「審査委員長特別賞」は、総務省と国立国会図書館の共同受賞

  • 2012年06月19日

    「MM総研大賞2012」実施と審査結果のお知らせ ―IT市場の発展に貢献した製品・サービスを表彰、今年が第9回目の実施―

    ■大賞はサムスンの「GALAXY」が受賞
    ■次世代ネットワーク製品・サービス部門は、サムスン(※大賞と同時受賞)、トレンドマイクロ、AppBank、NECビッグローブ、NTTコミュニケーションズが獲得
    ■グリーンIT賞はインターネットイニシアティブ(IIJ)が受賞
    ■ものづくり優秀賞は、NECと日本IBMが受賞
    ■話題賞は、日本交通、東京ガス、パナソニック、キングジム、東武タワースカイツリー、NTTドコモ/富士通(※共同受賞)を選出

  • 2011年06月14日

    「MM総研大賞2011」実施と審査結果のお知らせ

    ■大賞はパナソニックの「エコナビ」が受賞。グリーンIT賞も同時受賞
    ■次世代ネットワーク製品・サービス部門は、日産自動車とシャープが獲得
    ■ものづくり優秀賞は、NECカシオモバイルコミュニケーションズ、東芝、理化学研究所/富士通(共同受賞)が受賞
    ■話題賞は、Facebook,Inc、NTTドコモ、NEC、Amazon Web Services LLC、富士通、日本IBM、ドワンゴ、ブイキューブを選出

  • 2010年06月14日

    「MM総研大賞2010」 審査結果のお知らせ

    ■大賞は日本経済新聞社の「日本経済新聞 電子版」が受賞
    ■次世代ネットワーク製品・サービス部門は、ソニー、Google、日本経済新聞社(大賞も同時受賞)が獲得
    ■グリーンIT賞にはNECを選出、ものづくり優秀賞は、パナソニック、富士通が受賞
    ■話題賞は、NTTドコモ/ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(共同受賞)、アップルジャパン、Twitter, inc.、東芝、イー・モバイル、日本IBM、キングジム、コナミデジタルエンタテインメントを選出