クラウド

  • 2020年03月26日

    成長のパイは海外勢の手に

    MM総研発行のIT総合誌「MM Report」4月号が3月25日発売された。特集は研究部長の加太が長年定点観測してきた国内クラウド市場に関するレポート。国内クラウド市場は急成長し2019年度は2兆円規模に達した模様。特にパブリック・クラウドはPaaS 、IaaSなどのサービスの成長を軸に2020年度には1兆円市場に達する勢い。しかし、そのメーンプレイヤーはAWS、Microsoft Azure 、Google Cloud Platformといった米国系クラウドが上位を占める。日本勢の巻き返しは可能か、そのシナリオを探る。

     

  • 2020年01月31日

    セルフサービスBI利用動向調査

    • セルフサービスBIの導入目的に1位は「働き方改革」、2位が「DX・ビジネス変革を推進」

    • 分析データの種類では販売、受発注、在庫がトップスリー

    • 簡単な操作で多様なデータを大量に高速処理できる製品が求められている

    • 現場ユーザーの満足度が高いのはWingarc1st製品

  • 2019年11月01日

    NTTぷららがクラウドの映像サービスをオンプレに

    デルはオンプレミスのメリットを売り込みへ

  • 2019年06月11日

    2019年国内クラウドサービス需要動向調査

    ■ クラウドサービスの国内市場規模は1.9兆円にまで成長(2018年度)

    ■ 企業の既存システムをパブリッククラウドに移行する動きが本格化

    ■ AWS、Azure、GCP(Google)のグローバルベンダーの寡占化が進展

  • 2019年04月11日

    クラウド会計ソフトの利用状況調査(2019年3月末)

    ■ クラウド会計ソフトの利用率は2018年3月調査の14.7%から18.5%に拡大

    ■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が57.0%、マネーフォワードが21.5%

    ■ 個人事業主の約6割を占める会計ソフト非利用者の開拓が課題

  • 2018年11月19日

    業務ソフトウェアの利用動向調査

    ■ RPAは大企業の3割がすでに利用、導入予定を合わせると7割を超える

    ■ 中小企業の業務ソフト利用率は1割から3割程度、大企業に比べて普及に遅れ

    ■ 大企業ではSAP、COMPANYなどの統合管理型ERPパッケージの導入が進む

  • 2018年04月12日

    クラウド会計ソフトの利用状況調査(2018年3月末)

    ■ クラウド会計ソフトの利用率は2017年12月調査の13.5%から14.7%に拡大

    ■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が55.4%、マネーフォワードが21.1%

    ■ 起業2年未満では、半数以上でクラウド会計ソフトの導入意向あり

  • 2018年01月24日

    クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年12月末)

    ■ クラウド会計ソフトの利用率は2016年12月調査の9.7%から13.5%に拡大

    ■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が55.1%、マネーフォワードが23.1%

    ■ 起業や事業年数の若い個人事業主を中心にクラウド会計ソフトを積極的に導入

  • 2017年12月27日

    2016年度の国内クラウド市場は4割増の1.4兆円 

    ■ 2016年度の国内クラウド市場規模は前年度比38.5%増の1兆4,003億円、21年度には3.5兆円と予測

    ■ クラウドのセキュリティに対する不安イメージがさらに低下

    ■ FaaS/PaaS/IaaS領域ではAWSが利用率でトップを獲得

    ■ クラウドサービスを活用したAIの導入目的はコスト削減

  • 2017年09月26日

    クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

    ■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は14.5%
    ■ クラウド会計ソフトの導入メリットはコスト削減と情報の集約管理
    ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が32.3%で首位
    ■ インターネットバンキングなど、データ連携により業務効率化に期待