「人工知能のビジネス提供価値を考える」― 人工知能のビジネス活用概況2017年度版

PDFによる詳しいご案内

調査目的

 企業における人工知能(AI)活用は、サービス提供する側であっても、それを活用する側であっても、ICT戦略を考えていく上で重要な要素になってきています。日本のAI導入率は1.8%で、市場規模は2016年度2,220億円、21年度には5,610億円にまで拡大することが見込まれています。

 本レポートは、AIの基礎知識を概観後、The Business Model Canvas(以下BMC)によるビジネスモデルの可視化と、政治・経済・社会・技術の市場トレンドを分析するPEST分析を行うことで、人工知能を用いた事業戦略を立てる際の概論書として提供致します。

調査概要

<分析内容>
■人工知能市場規模・予測(日米独三国比較)
■BMCを用いたビジネス提供価値探索(ユーザーの求めるものと提供価値の差の可視化)
■PEST分析(最新の政策・市場・社会・技術動向)
■AI提供事業者のブランドイメージ
■企業におけるAI技術の活用・投資状況 など

============================================
 1.調査対象:人工知能技術のビジネス導入済または検討企業
 2.回答件数:予備調査(日本:8,797人、アメリカ:1,071人、ドイツ:1,631人)
         本調査(日本:2,000人、アメリカ:500人、ドイツ:500人)
 3.調査方法:ウェブアンケート
 4.調査期間:2017年3月2日(木)~3月16日(木)
============================================

目次

本書の目的
エグゼクティブサマリ
1.人工知能技術の基礎知識・ビジネスモデル
2.PEST分析
3.問題提起とアンケート調査結果
4.提言

 付録1 人工知能技術概論
 付録2 Webアンケート結果(日米独ユーザーに対してスクリーニング調査11問、本調査19問)

*全356ページ。より詳細な目次は上部PDFのサンプルファイルに掲載しております。

価格

185,000円(税抜) – 書籍のみ

198,000円(税抜) – 書籍+PDF (ご要望でグラフ内Excelデータ含)
400,000円(税抜) – 書籍+PDF+パワーポイント (ご要望でグラフ内Excelデータ含)

*全編パワーポイント形式、書籍は2in1でA4縦開きです。

レポート購入のお問い合わせ先

株式会社MM総研
担当:細田、加瀬
TEL 03-5777-0161(代表)   FAX 03-5777-0163

*当社が毎月発行する月刊IT総合情報誌「M&D Report」の購読も承ります

購入はこちら