国内衛星観測データ×ICTソリューション 市場規模   (2016年版)

調査目的

 今後、衛星観測データを利用した市場が急拡大を迎えることが予想される。調査レポートは、現時点ではどういった分野で利用されているのか、今後利用が進む分野はどこなのか、衛星観測データを利用したICTソリューションにユーザーが求めることは何かなど、利用者側の視点に立って解析した。衛星観測データを活かしたビジネスの創出につながる、ヒントになる。

調査概要

調査方法:デスクリサーチ、WEBアンケート

<WEBアンケート>

調査対象者・属性 :国内法人ユーザーを対象に調査。特に「情報系システム」、「業務系・基幹系システム」、「クラウドコンピューティング」、「クラウドサービス」、「クラウド・インフラストラクチャー・ソリューション」のうち、情報システム等の導入にあたって、上記のうち1つ以上に対して、決裁や選定に関与する担当者、システム・サービスの選定に関与する利用者を対象者としている。

  ―予備調査(衛星観測データ利用ソリューション利用・検討状況など)・・・4,937サンプル
  ―本調査(衛星観測データ利用ソリューションの利用・検討実態)・・・520サンプル

調査期間:2016年10月20日(木)~10月24日(月)

※発売日 2017年1月31日

目次

Ⅰ. 調査概要

  1. 調査目的・市場の定義
  2. 調査手法・形式    
  3. 調査期間(Webアンケート実施期間) 
  4. 調査対象者・属性 

 

Ⅱ.調査結果サマリー

  1. 国内衛星観測データ利用ソリューション市場規模

 

 Ⅲ. 調査結果

  1. 衛星観測データ利用ソリューションの導入・導入検討状況
  2. 衛星観測データ利用ソリューションの導入理由
  3. 衛星観測データ利用ソリューション導入時の重視項目
  4. 衛星観測データ利用ソリューション導入時の課題
  5. 衛星観測データ利用ソリューション導入時の課題解決方法
  6. 宇宙に関する用語の認知度

 

Ⅳ. 終わりに

【補足1】衛星観測データ利用ソリューション導入者 課題解決

【補足2】衛星観測データ利用ソリューション導入検討者 課題解決

【補足3】宇宙関連用語の解説

【補足4】コレスポンデンス分析

                                                     

価格

100,000円(税別)

レポート購入のお問い合わせ先

株式会社MM総研
担当:西脇、中村
TEL 03-5777-0161(代表)   FAX 03-5777-0163

*当社が毎月発行する月刊IT総合情報誌「M&D Report」の購読も承ります

購入はこちら