国内クラウドサービス需要動向

PDFによる詳しいご案内

調査目的

企業の基幹システムでも採用が進み本格的な普及期に入ったクラウドサービスは、企業の情報投資全般が伸び悩む中、2017年度に市場規模が2兆円を突破すると予測され、急成長する市場として注目を集めています。

MM総研では、法人ユーザー1,562社へのアンケート調査を通じてクラウドサービスの利用者・検討者の最新の実態を明らかにするとともに12年度および今後5年間の市場規模を算出・予測致しました。クラウド市場の成長を見越してICTベンダーやユーザーがどのような戦略を構築すべきか、そのシナリオ検討のヒントとなるデータを提供致します。

調査概要

■回答件数

予備調査(クラウドサービスの認知、利用・検討状況などについて):4,599名
※情報システム、ネットワークの管理・運用担当者または決裁・選定担当者

本調査(クラウドサービスの利用実態、投資動向など):1,562名(第1弾)、1,099名(第2弾追加調査)
※クラウドサービスの利用・検討者

■調査方法
Webアンケート調査

■調査期間
【アンケート調査期間】2013年6月28日~7月5日(第1弾)、8月15日~8月19日(第2弾追加調査)

■分析内容
・クラウドサービスの市場規模・予測
・「クラウドファースト」の実態
・クラウドサービスの選定ポイント、導入目的
・クラウドサービスの利用用途
・重視する機能、満足度
・利用している仮想サーバの台数
・バックアップ状況
・利用OS、開発言語
・企業におけるクラウドサービスおよびICTへの投資動向 など

目次

Ⅰ. 調査概要
Ⅱ. エグゼクティブ・サマリー
Ⅲ. 調査結果
Ⅳ. 総括
Ⅴ. 終わりに

価格

・第1弾レポート(118ページ)、第2弾レポート(71ページ) 各30万円(税別)
・第1弾レポート+第2弾レポートセット 50万円(税別)

発売日:2013年8月30日(第1弾)、2013年9月17日(第2弾)

レポート購入のお問い合わせ先

株式会社MM総研
担当:加太、渡辺
TEL 03-5777-0161(代表)   FAX 03-5777-0163

*当社が毎月発行する月刊IT総合情報誌「M&D Report」の購読も承ります

購入はこちら