携帯電話のリサイクル・中古市場動向と展望

調査目的

・リサイクル制度の認知度およびリサイクル動向の実態把握
・今後のリサイクル意向について
・金銭的メリットによるリサイクル制度利用意向について
・リサイクルの阻害要因やリサイクルではなく売却や下取りの可能性について
・中古携帯電話の購入経験や中古端末購入動向の実態把握
・今後の中古携帯電話購入意向について
・2013年度までの中古携帯電話市場規模の予測

調査概要

1.調査対象 : 携帯電話・PHS利用者 ※個人名義/15歳以上
2.調査方法 : Webアンケート (性年代による割付抽出) ※割付は下記参照
3.回答数   : 2,000件
<性年代比率>
10代男性・・・100件(5%)     10代女性・・・100件(5%)
20代男性・・・180件(9%)     20代女性・・・180件(9%)
30代男性・・・180件(9%)     30代女性・・・180件(9%)
40代男性・・・180件(9%)     40代女性・・・180件(9%)
50代男性・・・180件(9%)     50代女性・・・180件(9%)
60代以上男性・・・180件(9%)  60代以上女性・・・180件(9%)

<キャリア比率>
NTTドコモ・・・885件(44.3%)
au・・・643件(32.2%)
ソフトバンク・・・434件(21.7%)
イー・モバイル・・・4件(0.2%)
ウィルコム・・・34件(1.7%)

4.WEBアンケート期間:2009年12月15日~12月18日

目次

1.調査概要
調査背景・目的
調査方法・調査対象・調査期間
(参考)携帯電話・PHSのリサイクル実績

2.サマリ
使用済み携帯電話の状況
中古携帯電話市場規模(2008年度~2013年度予測)

3.コンジョイント分析
分析方法・属性/水準の設定
重要度/効用値/支払意思額(WTP)
シミュレーションによる中古端末購入可能性の分析

4.プレ調査結果
性年代/職業
居住地/世帯年収
属性による違いについて
利用キャリア(個人名義)
携帯電話の購入時期
購入形態(新規・機種変更など)
携帯電話の購入場所
利用メーカー
携帯電話の購入金額
月額利用金額

5.本調査結果
ICカード認知度
モバイル・リサイクル・ネットワーク(MRN)ロゴの認知度
モバイル・リサイクル・ネットワーク制度の認知度
直前に利用していた端末の状況(リサイクルしたかどうか、など)
リサイクルのタイミング
リサイクルの場所
リサイクルに出した理由
利用せずに保管している理由
直前の端末で利用している機能
利用せずに家に保管している携帯電話の台数
今後のリサイクル意向
「たんすケータイあつめタイ」キャンペーンの認知度・利用意向
金額メリットによるリサイクル意向
リサイクルに出すきっかけとして必要なこと
買取り・下取り制度の利用意向
家族・友人・知人からの譲り受け・購入/中古携帯の購入経験
家族・友人・知人からの譲り受け・購入端末のキャリア
中古携帯の購入時期
中古携帯のキャリア
中古携帯の購入金額
中古携帯の利用方法
中古携帯の購入理由
中古携帯の満足度
中古携帯のトラブル経験
今後の中古携帯購入意向
中古携帯購入意向者の利用方法
中古携帯購入意向者の理由
中古携帯非購入意向者の理由
今後の端末購入重視ポイント
今後の携帯電話購入予定時期

価格

レポート内容や価格についてはお問い合わせ下さい。

レポート購入のお問い合わせ先

株式会社MM総研
担当:篠崎
TEL 03-5777-0161(代表)   FAX 03-5777-0163

*当社が毎月発行する月刊IT総合情報誌「M&D Report」の購読も承ります

購入はこちら