その他

  • 2019年07月01日

    MM総研所長に関口和一氏が就任

    株式会社MM総研は7月1日、日本経済新聞社の論説委員を務めた関口和一氏をMM総研の代表取締役所長として迎え入れる人事を発表した。就任は7月1日付。関口氏は日本経済新聞社でワシントン支局特派員などを経て論説委員を15年間、編集委員を24年間務めた。国際ITジャーナリストとしても活躍する。MM総研代表取締役だった中島洋氏は特別顧問に就任した

  • 2019年06月17日

    国内法人における3Dプリンターの導入実態調査(2019年5月調査)

    ■2018年の国内3Dプリンター市場規模は330億円(前年比18.4%増)
    ■導入率の伸びは鈍化、メリットを得た利用者が本格運用を開始
    ■造形物の強度向上や3Dデータ作成のサポートが課題

  • 2018年05月09日

    3Dプリンターの国内市場調査レポート発売

    MM総研は4月27日、3Dプリンターの国内市場に関する市場分析レポートを発売した。

  • 2018年04月24日

    国内法人における地球観測データ×GISアプリケーション利用状況調査

    ■ GISアプリケーション利用率は6.9%、 地球観測データ利用率は1.2

    ■ 地球観測データの利用シーンは交通状況モニタリング、環境モニタリング、農業モニタリングなど

    ■ 地球観測データ利用拡大には、GISアプリケーション、地球観測データとも利用者目線に立つことが必要

  • 2018年02月22日

    国内法人における3Dプリンターの導入実態調査

    ■ 家庭用、産業用を合わせた3Dプリンターの導入率は4.9%

    ■ 3Dプリントのメリットは、精度向上とコスト削減

    ■ ABS樹脂が約6割、今後の利用意向は金属

    ■ 精通したエンジニア派遣などの需要高まる

  • 2018年02月15日

    衛星ビッグデータと世界位置情報を統合した解析手法を開発

    ■衛星ビッグデータを世界位置情報と紐付ける「世界メッシュコード」と呼ぶデータ形式

    ■世界メッシュコードと衛星ビッグデータが紐づいた統計解析データを高速生成するアルゴリズム

    ■同アルゴリズムにより衛星ビッグデータを1/337に圧縮可能。標高ビッグデータの統計データベースを作成、一般利活用促進のため無償で公開する

    ■津波被害リスクの予測解析などに活用期待。世界メッシュコードと紐付けされたその他の統計データなどとの相関解析も可能 

    ■将来、地下資源探索、水資源管理、洪水防止対策などに応用も

  • 2017年02月28日

    企業におけるマイナンバー制度対応実態調査

    ■マイナンバー制度、取り組みが完了している企業は約7割

    ■最も対応が進むシステムは「人事・給与」、全体の57.7%を占める

    ■マイナンバー対応後の課題は「セキュリティ対策」がトップ

  • 2014年01月29日

    個人消費動向に関する市場規模調査

    ■2013年度のEC市場は15.9兆円で、消費市場全体の5.6%を占める
    ■スマートフォン利用によるEC市場は2.6兆円で、EC全体の16.3%
    ■消費増税の影響で14、15各年度の国内消費は微減するもEC市場は二ケタ成長に