2013年

  • 2013年10月09日

    スマートフォン市場規模の推移・予測(2013年10月)

    ■ 2013年度のスマートフォン出荷台数は2,990万台(前年度比0.6%増)で前年度並み
    ■ 2013年9月末のスマートフォン契約数は5,015万件で携帯電話契約数の42.2%
    ■ 2013年9月末のOSシェア1位はAndroid 63.0%。ドコモiPhone登場で競争激化
    ■ 2017年度末スマートフォン契約数は8,924万件で携帯電話契約数の68.2%に拡大

  • 2013年09月18日

    国内MVNO市場規模の推移・予測

    ■ MNO(移動通信キャリア)でもあるMVNOの回線占有率は50%に迫る状況。今後の更なる
    成長に向けて競争環境の整備が必要。
    ■ 2012年度末( 2013年3月末)時点のMVNO回線契約数は前年度末比61.3%増の1,037万。
    ■ 2015年度の市場規模は2,392万回線、6,250億円と予測。個人向けSIMカード、およびM2M(機器間通信)を含む法人向けソリューションが市場を牽引。
    ■ NTTドコモとのレイヤー2接続の実現を背景にMVNO事業者のサービスメニューが多様化。
    ■ MVNOサービスの認知度は26.2%、一般層への普及に向け認知度の向上が課題に。

  • 2013年08月28日

    企業の情報投資行動が大きく変化「クラウド」利用を最優先

    ■ ICT投資総額が伸び悩む中、クラウドサービスの需要は急拡大を続ける
    ■ 国内クラウド市場は2015年度に1兆円、2017年度に2兆円に達する見通し
    ■ システム構築の際にクラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」企業が7割に
    ■ クラウドの選択基準~~「コスト」より「セキュリティ」重視へと転換

  • 2013年07月02日

    2012年度国内電子書籍端末・コンテンツ市場概況

    ■ 2012年度の電子書籍端末出荷台数は47万台
    ■ 出荷台数はAmazon、楽天、ソニーが拮抗するも、シェアはAmazon第1位(38.3%)
    ■ 新プラットフォームのコンテンツ市場規模は270億円
    ■ コンテンツ市場のジャンル別規模では「推理・ミステリー・ホラー・SF」(33億円)が最大
    ■ 2013年度の電子書籍端末の出荷台数は52万台と予測

  • 2013年06月18日

    「MM総研大賞2013」実施と審査結果のお知らせ

    ■「大賞」は、JR東日本の「Suica」が受賞、「10周年記念特別賞」も同時受賞
    ■「クラウドソリューション部門」は、NTTコミュニケーションズ、NEC パーソナルコンピュータ、さくらインターネット、日本オラクル、富士通、NECビッグローブ、レコチョクが獲得
    ■「グリーンIT賞」は、日本マイクロソフトが受賞
    ■「ものづくり優秀賞」は、シャープとNECが受賞
    ■「話題賞」は、アマゾン ジャパン、NTTドコモ、LINE、ガンホー・オンライン・エンターテイメントを選出
    ■「審査委員長特別賞」は、総務省と国立国会図書館の共同受賞

  • 2013年06月12日

    ITデジタル家電購入意向調査(2013年夏ボーナス商戦編)

    ■ボーナス支給額・購買意欲は08年冬以降で最も大きく改善
    ■購入意向はITデジタル家電が大幅増、キッチン家電・生活家電も増加
    ■ITデジタル家電は、タブレット・電子書籍端末が2位に躍進し、全体を押し上げ

  • 2013年06月05日

    2012年度 国内PCサーバー出荷概況

    ■出荷台数は4.2%減の51万2,854台と2年ぶり減少
    ■出荷金額は3年連続の増加で、前年度比2.3%増の2,162億円
    ■SNS、テレコム市場の需要に一巡感

  • 2013年05月28日

    ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(13年3月末時点)

    ■ FTTHは12年3月末から154.8万件増(6.9%増)の2,384.8万件に
    ■ KDDIがスマートバリュー好調を追い風にシェアを伸ばす
    ■ モバイルブロードバンドの割合は18年3月末に76.3%に達する見込み

  • 2013年05月23日

    2012年度通期国内タブレット端末出荷概況

    ■ 2012年度通期タブレット端末出荷台数は568万台(前年度比104.3%増)
    ■ Appleが298万台/52.5%でメーカー別・OS別シェア3年連続首位を獲得
    ■ Wi-Fiモバイルタブレット(画面8インチ未満)が急成長で市場を牽引
    ■ 2013年度タブレット端末出荷台数は690万台(21.5%増)と予測

  • 2013年05月09日

    2012年度 国内パソコン出荷概要

    ■出荷台数は1.6%減の1505.7万台、2006年度以来6年振りの減少
    ■個人市場は割安なタブレットに需要が流出し不振、法人更新需要は堅調
    ■13年度は個人市場で苦戦続く見通し、法人は更新需要が牽引