ドローン国内市場規模調査

ーー16年度は404億円の見通し 21年度1676億円

2017年01月30日

■2016年度の国内ドローン市場規模は404億円の見込み

■国内ドローン市場は2021年度に1,676億円と予測

空撮、農薬散布などの活用ソリューション市場は5年後に3.7倍の規模に拡大

■「災害等の危険個所の把握」「施設設備の保守・点検」「測量」への活用に期待

MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は1月30日、国内ドローン市場規模(2016年度見込み~2021年度予測)および需要動向に関して調査結果を発表した。国内ドローン市場については初めての調査となる。2016年11月~12月にかけて企業に勤める約19,000人を対象にWEBアンケート方式で、自社のドローン(無人航空機)事業への参入状況を聞いた。この調査結果を基に、MM総研が市場の現状分析、予測を算出した。

<本調査におけるドローンの定義>
●自律性を備えていること
 ドローン普及の背景として、姿勢制御などによる自律性の向上により、操縦が容易になったことが大きな要因となっているため、本調査においては“自律性を備えている”機体を対象とした。
●ローターの数や形状による制限はしない
 4つ以上のローター(回転翼)を持つ、マルチコプター以外にも、ヘリコプターのような2つのローターで構成されている機体や、固定翼タイプも調査の対象とした。
●無人であること
近年、有人飛行するドローンの開発も進んでいるが、本調査では調査の対象外としている。

◆ 2016年度の国内ドローン市場規模は404億円の見通し

2016年度の国内ドローン市場規模見込みは、404億円。2021年度には1,676億円になると予測する(データ1)。トンネルや橋梁、太陽光パネル等各種施設の点検への利用が始まっている。また実験段階ではあるが、ドローンを利用した配送サービスに注目が集まっている。

<データ1>国内ドローン市場規模

◆ カテゴリ別市場では「活用ソリューション」が2021年度に707億円へ

 ドローン市場を「機体」「飛行支援システム」「活用ソリューション」「関連サービス」の4つのカテゴリに分類した。「機体」には、ドローン本体の売上が含まれる。「飛行支援システム」は、複数飛行するドローンの管制システムや地図情報を提供するサービスなどが該当する。「活用ソリューション」には、ドローンを利用した空からの撮影や、測量などのサービスが含まれる。「関連サービス」には、ドローンに対する保険や、保守点検、飛行場提供などが含まれる。

 2016年度見込みにおける構成比は、「機体」が12.5%、「飛行支援システム」が3.8%、「活用ソリューション」が46.8%、「関連サービス」が36.9%となった(データ2)。「活用ソリューション」は2016年度で既に189億円、2021年度には707億円となると予測する。主に環境調査や、測量などにドローンの活用が見込まれる。
<データ2>カテゴリ別 国内ドローン市場規模

<市場規模算出における定義>
機体:機体完成品のエンドユーザーへの販売価格
飛行支援システム:ドローンの管制システムや、飛行に必要な気象情報や地図情報の提供など
活用ソリューション:空撮や農薬散布、測量、設備点検など
関連サービス:ドローンを対象にした保険や、保守サービス、操縦士育成のための講習会など

なお、機体の製造販売においては、ホビー用の機体も含まれる。また、軍事利用も含まれる。自社内で、ドローンを活用した場合は外注費として算出している。

 

◆現在の活用方法は「空撮」が29.8%で最多。「危険個所の把握」に期待

 ドローンの活用方法では「メディア・広告向けの空撮」が最も多く29.8%となった。続いて「施設設備の保守・点検」と「測量」が12.6%、「警備システム」が11.9%となった(データ3)。

 今後期待するドローンの活用方法について「とても期待する」「やや期待する」「あまり期待していない」「期待していない」の4段階で聞いた。「とても期待する」と「やや期待する」の合計値を“期待値”として算出したところ、最も高くなったのは、「メディア・広告向けの空撮」で81.3%。次いで、「事故や災害など緊急時における危険個所の把握」が69.8%、施設設備の保守・点検が69.4%となった(データ3)。

「現在の活用率」と「期待値」を比較すると、最も期待されているのは「災害等の危険個所の把握」となった。次いで「施設設備の保守・点検」や「測量」が期待されているという結果になった。また、まだ活用が進んでいないものの、「気象・環境データの計測」や「配送・物資・医薬品の輸送、架線」にも期待が寄せられている。

<データ3>現在の活用方法と期待値

※国内ドローン市場に関して、市場分析レポートを6月28日から販売開始

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 平澤、石塚

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

この記事には有料版のより詳しいレポートがあります。

おすすめのニュースリリース