2015年度通期国内タブレット端末出荷概況

 

2016年05月19日

■ 2015年度通期タブレット端末出荷台数は903万台(前年度比2.8%減)で初の前年割れ
■ Appleが361万台(シェア40.0%)で6年連続シェア1位を獲得するも11.5%減
■ OS別台数シェアはAndroid が3年連続1位
■ 2016年度970万台、2017年度1,060万台でV字回復と予測

 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は5月19日、2015年度通期(2015年4月~2016年3月)の国内タブレット端末出荷台数(※1)の調査結果を発表した。出荷台数は前年度2.8%減の903万台となった。
 タブレット出荷統計を開始した2010年度以降、2011年度から2014年度までは4年連続で増加し続けてきたが、初めてマイナス成長に陥った。

※1:「セルラータブレット(キャリアの3G/LTE通信網が利用可能。SIMフリータブレットを含む」および「Wi-Fiタブレット」の出荷台数

メーカー別出荷台数はAppleが6年連続シェア1位も前年度比11.5%減

 2015年度通期のメーカー別出荷台数・シェアは Apple(361万台/シェア40.0%)が1位を獲得。日本でタブレット端末が登場した2010年度より6年連続の1位を維持した。しかし、前年度比11.5%減で2010年度のiPad発売開始以降初の前年割れとなった。Appleの出荷台数が減少した要因は、NTTドコモ(以下、ドコモ)、au、ソフトバンクのAndroidタブレット強化によるセルラーiPadが減少した結果といえる。

 以下、2位Huawei、3位ASUS、4位NECレノボグループ、5位富士通、6位京セラの順となった。

OS別出荷台数はAndroidが3年連続1位。Windowsシェアが14%に拡大

 OS別出荷台数・シェアはAndroidが3年連続1位となった。2位はiOS、3位はWindowsとなった。WindowsはAndroidやiOSシェアには依然として及ばないが、2012年度OS別シェア6%規模から着実に増加している。

2016年度970万台、2017年度1,060万台でV字回復と予測

 MM総研では2016年度のタブレット出荷台数を前年度比7.4%増の970万台と予測。2017年度は1,060万台で初の1,000万台越えが見込まれる。V字回復の要因としては、キャリアの販売戦略によるAndroidタブレット台数の拡大、MVNO SIMカード契約数との相乗効果によるSIMフリータブレット需要の拡大があげられる。
 中期的には法人市場におけるWindowsタブレット市場の拡大も期待され、今後のタブレット市場は微増傾向が続く見通しである。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 中村/篠崎/春海(はるみ)

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

おすすめのニュースリリース