中古スマートフォン市場規模の推移・予測(2020年3月)

2020年03月11日

■ 主端末としての中古スマートフォン利用率は2.4

■ 中古スマートフォンの購入金額は23,895円(加重平均)で新品の半額以下

2019年度中古スマートフォン市場は過去最高の163万台で3年振りのプラス成長の見込み

■ 2025年度中古スマートフォン市場は265万台に拡大と予測

 MM総研(東京都港区、所長・関口 和一)は3月11日、中古スマートフォン市場規模の推移・予測を発表した。WEBアンケートによるユーザー調査と中古端末販売事業者への取材に基づき、端末出荷台数・契約数を独自に算出した。

主端末としての中古スマートフォン利用率は2.4%に留まる

 2020年2月に実施したユーザー調査の結果、現在利用している主端末を聞いたところ、「新品で購入したスマートフォン」が80%と突出し、次いで「新品で購入したフィーチャーフォン」が9.9%。「中古で購入したスマートフォン」が2.4%、「中古で購入したフィーチャーフォン」が0.7%の順となった。新品+中古スマートフォン利用率合計(82.4%)に占める中古スマートフォンの利用率は2.9%となった。中古端末は複数端末を使い分ける際、サブ端末としての利用率が高いことも想定されるが、主端末としての中古スマートフォン利用率は2.4%と低くなった。

中古スマートフォンの購入金額は23,895円で新品の半額以下

 中古のスマートフォン利用者に端末の購入金額を聞いた。その結果、回答数の多い順に「10,000~14,999円」15.8%、「わからない」15.4%、「5,000~9,999円」10.4%、「15,000~19,999円」9.1%、となり、それ以降は徐々に購入金額が高くなる傾向が見られた。加重平均により算出した購入金額は23,895円となった。

 また新品のスマートフォン利用者に端末の購入金額(実質的な支払総額)を聞いた結果、「わからない」34.5%、「2~9,999円」7.3%、「20,000~29,999円」6.7%、「30,000~39,999円」6.5%、となった。高額な新品のスマートフォン購入の際、月賦で端末料金を支払うことが一般的となっており、利用している月額の携帯電話サービス料金と月賦の端末料金を合算して支払うことになるため、結果として「わからない」が多くなったと予想される。また大手キャリア各社の下取りや端末返却による支払免除のサービスも、実質の端末料金をわかりにくくさせている一因だろう。加重平均により算出した購入金額は49,204円となった。
 中古スマートフォンと新品スマートフォンの平均購入金額を比較すると、中古スマートフォは新品の約48.6%と半額以下という結果となった。

中古スマートフォン購入経験者は11.8%で他製品よりも中古購入率が低い

 スマートフォン利用者の一部回答者(1,587件)に対し、各種中古製品の購入経験の有無について聞いた。その結果、スマートフォンは11.8%となった。中古製品の購入経験の多い順に「本・雑誌・マンガ」62.3%、「音楽・映像ソフト(CD/DVD・ブルーレイ等)」43.2%、「車・オートバイ」38.6%、となり、中古スマートフォンはそれらを下回った。

中古スマートフォンの購入意向者は22.6

 今後、中古スマートフォンを購入・検討してみたいか聞いた結果、「購入したい」は3.8%、「製品や価格次第で検討したい」は18.8%。両者合わせた「購入したい意向」は22.6%となった。一方で、「絶対に購入したくない」は41%、「あまり購入したくない」は36.4%、となり、非購入意向者は合わせて77.4%となった。

2019年度中古スマートフォン市場は過去最高の163万台で3年振りのプラス成長の見込み

 MM総研では2020年3月現在における中古スマートフォン市場の推移・予測を更新した。前回(2017年10月)発表と比較すると2017年度以降の見込み台数は下方修正した。今回の推計結果では、2017年度 154万台、2018年度 151万台となり、2016年度の158万台より2年連続でのマイナス減少となった。その要因は大手キャリアによる下取り販売施策の強化が影響し、中古販売事業者への流通台数が減少したため。しかし、2019年度には163万台(前年度比7.9%増)と過去最高となる見通しである。電気通信事業法改正の影響や中古利用と親和性の高いSIMフリー端末の流通量が増加したことがV字回復に寄与した。
 2020年度以降の中古スマートフォン市場は微増トレンドとなり、2025年度には265万台に拡大と予測する。

スマートフォンの新品出荷台数に対する中古比率は2019年度で5.9%

 新品スマートフォン出荷台数(2019年11月発表のMM総研調べ)を100%とした場合の、中古スマートフォン比率を見ると、2015年度から2018年度は5%前後で推移しているが、2019年度には5.9%となる見通し。2020年度以降は上昇傾向となり2025年度には9.8%まで拡大と予測する。今後は微増傾向と予測する中古スマートフォン市場ではあるが、更なる拡大に向けては①全国規模で店舗網を保有する事業者の参入 ②大手キャリアやMVNOによる本格的な取扱い――がポイントとなるだろう。

 


 【中古スマートフォンの定義】

下記条件を満たすスマートフォン販売台数

①一度他人が購入した端末であり、店舗やインターネットを介した売買により取引きされる端末
②有償・無償を問わず家族・友人・知人間での取引は含まない
③キャリアモデル、SIMフリーを含む
④国内で売買される端末のみを含む(海外からの輸入端末等は含まない)


■ ユーザー調査概要

【調査方法】 WEBアンケート調査(プレ調査:24,604件/本調査:1,587件)
【調査時期】 2020年2月


■ 掲載時における注意事項

・本ニュースリリースはメディア(新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・WEBニュース等)向け詳細データとなります。
・本データを以下の用途で無断利用することを固く禁じます(新聞・WEBニュース等からの転載含む)。
-IR/ホームページ/広告/販売促進資料/チラシ/提案書/報告書/セミナー・講演会/書籍/雑誌など

・本リリースに関する出典表記は「MM総研」として下さい。
・本ニュースリリースに掲載された資料はMM総研による調査結果及び推定に基づいて作成したものです。またこれらのデータは資料作成時点におけるものであり、今後予告なしに変更されることがあります。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 横田/篠崎/原

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

おすすめのニュースリリース