2017年国内携帯電話端末出荷概況

2018年02月13日

20171-12月期の総出荷台数は前年比3.6%増の3,735.4万台

スマートフォン出荷台数は前年比8.7%増の3,199.4万台で過去最高

Appleが前年比2.0%減の1,558.9万台(シェア41.7%)も6年連続1

■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比19.3%減の536万台で過去最低を更新

 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2017年暦年(2017年1月~2017年12月)の国内携帯電話端末の出荷台数(※1)調査結果を発表した。総出荷台数(従来型携帯電話【以下、フィーチャーフォン】及びスマートフォン)は前年比3.6%増の3,735.4万台となった。2012年(4,375万台)から減少が続いていたが、5年振りの増加に転じた。スマートフォン出荷台数は3,199.4万台で2012年を抜いて過去最高の出荷実績となった。

 スマートフォン出荷台数をMNO端末とSIMロックフリー端末(以下、SIMフリー)別にみると、MNO向け出荷台数が2,903万台(前年比8.5%増)、SIMフリーは296.4万台(11%増)となった。MNO端末は新料金プランや新シリーズ導入の効果により、特に中~低価格帯のAndroidスマートフォンが好調だった。SIMフリー端末は成長率ではMNO端末を上回ったが、当初の想定ほどには至らなかった。理由としては、上述のMNO施策が一般ユーザー層の支持を集め、同一キャリア内での買い替えが堅調に進んだためである。

 また、SIMフリー端末にはKDDIサブブランドのUQモバイル向け端末が含まれている点にも留意する必要があり、大手キャリアが関与しない純粋なSIMフリー端末は踊り場を迎えている。

 フィーチャーフォン出荷台数は19.3%減の536万台となった。2000年以降の出荷統計では、2016年に引き続き過去最低を更新。3年連続での約2割減となっており、2014年台数からは半減した(データ1)。

 総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は85.7%(前年比4.1ポイント増)、フィーチャーフォンは14.3%(4.1ポイント減)となった。スマートフォン出荷台数に占めるSIMフリー比率は9.3%(0.2ポイント増)となった。

 2017年のメーカー別出荷台数シェア1位は2012年以降6年連続でAppleとなった。以下、2位:シャープ、3位:ソニーモバイル(以下、ソニー)、4位:京セラ、5位:富士通の順となった。 

 

 スマートフォン市場におけるメーカー別出荷台数・シェアは1位:Apple、2位:ソニー、3位:シャープ、4位:富士通、5位:Samsungの順となった。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 横田、篠崎

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

おすすめのニュースリリース