第1回 主要動画配信サービス・コンテンツ数実態調査

 

2016年02月08日

■ 一般作品ではビデオマーケット、音楽作品を含めるとdTVがそれぞれ最多のコンテンツ数提供
■ サービスごとにジャンルの強み ――TVドラマではTSUTAYA TVが首位
■ 豊富なコンテンツとユーザビリティが重要に

 MM総研(東京都港区、所長 中島 洋)は2月8日、動画配信サービスの提供コンテンツ数に関する実態調査を初めて実施し、結果を発表した。国内で提供されている動画配信サービスのうち主な10サービス(※)を対象に2015年12月時点の各サービスが提供するコンテンツ数をカウントした。今回の調査では、テレビドラマや映画などのジャンル別にも集計を実施した。

一般作品ではビデオマーケット、音楽作品を含めるとdTVがそれぞれ最多のコンテンツ数提供

 テレビドラマ、映画、アニメ等を対象とする一般映像作品(音楽映像作品を除く)では、ビデオマーケットのコンテンツ数が11万7,000本で最多だった。アニメ等を中心に2位のAmazonビデオの2倍近いコンテンツ数を揃えている。3位は6万本を提供するTSUTAYA TVだった。2015年9月に日本市場に参入したNetflixはテレビドラマや映画を中心にコンテンツ数は1万1,000本だった。
 一方、一般作品とカラオケやミュージックビデオの音楽作品を合わせたコンテンツ数では音楽ジャンルのコンテンツを多く保有するdTVが12万7,000本で最多となった。2位以下はビデオマーケット、ひかりTVが続いた。

サービスごとにジャンルの強み ――TVドラマではTSUTAYA TVが首位

 今回の調査では、テレビドラマや映画などのジャンル別にもコンテンツ数を集計した。主なジャンル別の提供コンテンツ数ランキングでは、各サービスの特徴が浮き彫りになっている。テレビドラマでは海外ものを中心にTSUTAYA TVが1万9,000本と最多で、Amazonビデオがほぼ同数で続く。映画では洋画を中心にAmazonビデオが9,000本と最も多い結果となった。

 また、アニメと韓流・アジアコンテンツではビデオマーケットが最も多かった。特にアニメにおけるビデオマーケットの提供本数は4万8,000本と2位のTSUTAYA TVの約2倍のコンテンツ数であることが分かった。

豊富なコンテンツとユーザビリティが重要に

 10万を超えるコンテンツを提供するプレイヤーが現れるなど、各動画配信サービスがラインアップを継続的に増やしている。今後もユーザーが見たいコンテンツを多く取り揃えることを前提に、シンプルな料金体系やマルチデバイスでの対応、レコメンドなどによるユーザビリティ向上が動画配信サービスにますます求められるようになるとMM総研では分析している。

※調査対象の動画配信(VOD)サービスは以下の10サービス。
 iTunes Store、Amazonビデオ、J:COMオンデマンド、TSUTAYA TV、dTV、Netflix、ひかりTV、ビデオマーケット、hulu、U-NEXT
※2015年12月時点の成人作品を除く一般映像作品および音楽作品を対象にコンテンツ数をカウント。
※ドラマやアニメ等は話数ベースでカウントし、ジャンル間で重複するコンテンツを除外している。
※各動画配信サービスのコンテンツ数はMM総研が独自に調査・作成したものであり、各社が公表している数値と異なる場合がある。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 加太/加瀬

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

おすすめのニュースリリース