スマートフォンシフトに動く携帯販売代理店主要10社(2012年 02月号 No.188)

【特集】スマートフォンに対応した顧客接点での販売力の底上げ・CS 強化を推進― 携帯電話販売代理店の動向

国内スマートフォン市場は本格的な普及期に突入している。MM総研の予測では、2011 年度通期のスマートフォン出荷台数は前年度比173 %増の2,330 万台となり、国内総出荷に占める比率も前年度の22.7 %から56.0 %に拡大する見通しだ。この市場の急速な拡大に、いかに迅速に対応できるかが、通信事業者、端末メーカー、コンテンツプロバイダーなどにとって、市場での生き残りを図る上で重要なカギとなっている。顧客接点として最前線に立つ国内の大手代理店各社も、スマートフォン市場の拡大に対応した販売体制の拡充・CS 強化を間断なく進めており、加えて、海外展開や法人向けサービスの提供拡大に向けた事業展開も加速している。スマートフォン市場の本格普及期における大手主要代理店の動向を追った。

【データ1】ネットサービス企業の需要増などで、出荷金額は二ケタの伸び― 2011 年度上半期国内PC サーバー出荷概況

MM 総研がまとめた、11 年度上半期(11 年4 ~ 9 月)のPC サーバー国内出荷実績は、対前年同期比6.0 %増の26 万6,513 台となった。東日本大震災の影響を受け台数減となった2010年度下半期から反転してプラス成長となった。出荷金額も10.3 %増の1,131 億円となり、二ケタの増加となった。
企業や官公庁が利用する業務サーバーの仮想化により、物理サーバーの集約・統合が1 台当たりのサーバー出荷金額を押し上げているほか、大量のサーバーを利用するSNS やEC などのインターネットサービス企業のサーバー増強が台数拡大を牽引している。これらの背景には、データセンター事業者が必要な時に必要な分のサーバー資源を利用できるクラウド型サービスの広がりがある。

【データ2】3Gではイー・モバイルが最速、次世代通信規格ではLTEが優位― スマートフォンの通信速度測定調査(11 年11 月)

MM 総研は、各キャリアから現在発売されているスマートフォンおよびタブレットを利用して通信速度を測定し、分析した。本調査では① 3 G 回線対決(NTT ドコモ、au、ソフトバンク、イー・モバイル)、②iPhone 対決(ソフトバンク、au)、③次世代通信規格対決(LTE、WiMAX)という3 つの視点で、それぞれ対応する端末を使用して通信速度を比較した。前号の特集で触れたとおり、スマートフォン・タブレット端末の普及に伴って通信速度に対するユーザーニーズは非常に高まっている。本調査によって、実際にどの通信事業者の回線がつながりやすいのか、より高速な通信が可能なのか、一定の条件の下で明らかとなった。

【トレンド1】多様な顧客ニーズに優位性の深化とサービス拡充で応える― オンラインストレージ市場の動向

従来データの送信・バックアップ用途としての利用が主であったオンラインストレージサービス。しかし、近年のクラウドサービス市場の急速な拡大に伴い、密接な関係にあるオンラインストレージサービスも用途に合わせた多彩なサービスが展開されるようになっている。本稿では、法人向けのオンラインストレージサービスに着目し、ストレージ関連の各種サービスを提供する6 社のサービスについて、その取り組み状況を紹介する。

【トレンド2】海外をも視野に、インフラ整備から安全基準設定まで幅広く活動― EV普及の条件整備に乗り出す電気自動車普及協議会

三菱自動車の「i-MiEV」、日産自動車の「LEAF」登場により電気自動車(EV)の普及に向けた動きが加速するなかで、インフラの整備や安全基準づくりの機運が高まっている。こうしたEV 普及のための情報交流やビジネスネットワークづくりに取組む組織が「電気自動車普及協議会」だ。

【トレンド3】マイコン時代から続く電子書籍への挑戦― 医学系専門出版社・中山書店の取り組み

文芸書やビジネス書など一般書に関する電子化の動きが加速する一方で、医学書など専門書の分野では電子化への取り組みはどのようになっているのだろうか。医学系専門出版社、中山書店(東京都文京区、平田直社長、http://www.nakayamashoten.co.jp/)は1980 年代にマイコン向けの電子書籍を出版するなど、電子化にいち早く挑戦した出版社として知られる。デジタル出版の先頭を走ってきた同社はいま「紙か電子か」の潮目を注意深く見極めようとしている。

【対談1】新たな価値を提供するスマートフォンを武器に、グローバル市場に進出― MM総研大賞2011 受賞記念対談 - NECカシオモバイルコミュニケーションズ

“MEDIAS(メディアス)”ブランドを掲げスマートフォン市場に参入したNEC カシオモバイルコミュニケーションズ。初代機の「MEDIAS N-04C」は、従来のスマートフォンにはない薄型・スタイリッシュな筐体を実現し、市場に大きなインパクトを与えた。“MEDIAS”というブランド名は、複数に点在するメディアが、手のひらの中で一つになり世界中の全ての情報の窓になること、スマートフォンに様々な情報が集約されていく様子をコンセプトとして表現している。この“MEDIAS”ブランドのもと、新たな価値をもたらすスマートフォンを国内のみならず、グローバルに提供していくことが同社の最大のミッションとなっている。その舵取りを担う田村義晴代表取締役執行役員社長に現在のスマートフォン市場と、今後の事業展開などについて話を聞いた。(以下、敬称略)

【連載:追跡!ITベンチャー③】液体を粒子で表現する流体シミュレーションで急成長― プロメテック・ソフトウェア株式会社

プロメテック・ソフトウェア(本社:東京都文京区、花田 孔明社長、以下プロメテック)は、液体を粒子として見る「粒子法」と呼ぶ独自の流体シミュレーションを商品化し、急成長している。

【経営①】iPhone などの端末競争の裏で静かに始まる保守ビジネス競争― iOS 製品の保守解禁を機に戦略を分かつ大手2 社の動向

急激に普及、拡大するスマートフォン市場。今後もますます、一般ユーザーや法人を問わず、スマートフォンやタブレット端末、特にiPhone やiPad をはじめとしたiOS 製品の普及が進むと予想される中で、保守体制はどのようになっているのか、スマートフォンなど自社への導入を検討している企業も気になるところであろう。11 年9 月26 日にアップルがiPhone などのiOS 製品の保守を一律で解禁した正規サービスプロバイダーのうち、ウチダエスコとグローバルソリューションサービスの大手2 社にiOS 製品の保守ビジネスの状況と今後の見通しについて話を聞いた。

【経営②】優良中堅・中小企業と熱意ある人を結ぶ架け橋― 中堅・中小企業に特化した就職情報サイト「パワカツ」

2013 年度卒業予定の新卒向け採用活動が2011 年12 月に解禁された。今年も引続き学生の大手志向が続くといわれる中、卓越した技術を持つ企業も多い中堅・中小企業の人材確保難は相変わらず続いている。今回取り上げる中堅・中小企業に特化した就職情報サイト「パワカツ」は株式会社スリーライト(本社:東京都中央区、佐々木勝社長)が新規事業として立ち上げたプロジェクトで、中堅・中小企業のために新卒など求職者との接点を提供するプラットフォームだ。現在、WEB サイト制作中に取り組んでおり、どのようなきっかけからサイトを立ち上げようとしたのか、また具体的にどのような内容なのかレポートする。
ホームページ:http://www.pawakatu.com/

【経営③】国内トップシェア、高まる期待にNT-GOLF2.0 で応える三和システム― ゴルフ場システム市場の考察〈前編〉

現在国内のゴルフ場はおよそ2,400 あまり(2010 年度、社団法人日本ゴルフ場事業協会による)。ゴルフは大人のレジャーとして一般化する一方で、少子高齢化などの影響により競技人口が減少するという「2015年問題」が提起されるなど、将来を不安視する向きも多い。そのような環境変化に備え、ゴルフ場の現場ではより効率的な経営をめざしてIT システムを導入し、顧客獲得に動いている。今号と次号にわたり、それらのゴルフ場システムの提供ベンダー3 社に、サービスの概況、ゴルフ市場の今後などについて話を聞いた。

【IT業界の深層流】「ビッグデータ」と「IOT」

 

【IT道標】新周波数帯割り当ての行方

 

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム