The Next Element ー次なる成長の鍵を求めてー(2017年5月号 No.251)

【特集1】The Next Element― 次なる成長への鍵を求めてMobile World Congress 2017

携帯電話関連の見本市では世界最大規模を誇るMobile World Congress 2017(以下: MWC)が、今年も2月27日から4日間、スペインのバルセロナFira Gran Viaにて開催された。208カ国から過去最高となる10万8千人が集い、サブ会場のFira Montju¨lcと合わせて9つに渡る広大なイベント会場をモバイル関係者たちが埋め尽くした。昨年、世界的ブームを起こしたNiantic社が提供するポケモンGOのポケストップが各所に展開され、毎年熱気に包まれるイベントがさらにヒートアップ。今後のモバイル業界を占う会場の模様を報告する。

(横田英明)

【データ1】NTTぷらら「ひかりTV」が7年連続最優秀賞― スマートTV サービスAWARD2017

MM総研は3月14日、「スマートTVサービスAWARD2017」の審査結果を発表した。最優秀賞には、NTTぷららが提供する「ひかりTV」が7年連続で選ばれた。

(横森忍、加太幹哉、小野寺つぐみ)

【データ2】総合満足度は72.6 ポイントの「BIGLOBE SIM」がトップ― 国内MVNO利用状況調査

MM総研は、国内における音声通話対応MVNOを利用しているインターネットユーザー39,631人に対しWebアンケートを実施、さらにこのうちの音声通話対応MVNO利用者1,799人の回答結果から利用状況を取りまとめた。調査結果から、MVNOの認知率は83.8%(データ1)。総合満足度は73.6ポイントで「BIGLOBE SIM」がトップとなった(データ2)。

(作山哲二)

【データ3】確定申告期間の前後で事業者シェアが大きく変化― クラウド会計ソフトの利用動向調査(2017年3月末)

MM総研では、個人事業主(1万7,420事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。調査結果から、会計ソフトを利用している個人事業主は32.5%で、そのうち、インターネット経由で会計ソフトの機能を利用するクラウド会計ソフト※の利用率は13.2%となった(データ1)。確定申告の直前にあたる2016年12月調査時点の9.7%から3.5ポイント増加。2015年12月の調査開始以来、初めて10%を突破した。

(池澤忠能)

【データ4】「働き方改革」の追い風とクラウド利用の浸透で 市場は拡大基調― Web統合電話帳アプリケーション市場の動向

MM総研では、主要なソリューション事業者へのヒアリング調査等を基に、企業内にあるさまざまなコミュニケーションツールの統合・連携を実現するWeb 統合電話帳アプリケーション※(以下、Web電話帳)の市場規模及び事業者シェアをまとめた。2016年12月末時点のWeb統合帳のクライアントライセンス数は2015年12月末時点の78.2万から29%増となる100.6万に拡大、初めて100万の大台に達した(データ1)。

(池澤忠能)

【トレンド1】新興国でも容易に使える 地理空間情報システム『GDSS × FIELDNAUT』― 宇宙システム開発利用推進機構が開発

地理空間情報をネットワーク上で公開するシステム「Web GIS」の用途拡大に産業界などから期待が高まっている。簡便な操作性に加え、データフォーマットに依存しない、検索機能や解析がネットワークを介してできるなどの特徴があり、公開すれば世界規模でデータ共有ができる。ただ、ネットワークインフラが整っていない新興国では利用しにくいという問題点があり、一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)はこの課題解決に向け、独自GIS「GDSS × FIELDNAUT(GIS Data Sharing Sysetem × FIELDNAUT)」を開発した。

(西脇毅)

【トレンド2】コンタクトセンターシステム市場を徹底分析― クラウド化・オムニチャネル化が進むコンタクトセンター 〈第1 部ベンダー編〉

インターネットやスマートフォンの急速な普及により、コンタクトセンターの現場で電話だけでなくメールやチャット、LINEなどのマルチチャネル化が促され、その結果、マーケティング戦略の重要な要素としてコンタクトセンターの位置づけも高まった。オムニチャネル時代が到来する中で、ECに占める重要度が高まるコンタクトセンターは企業の積極的な投資対象にさえなっている。クラウド化の波も無視できない。コンタクトセンターシステム市場について提供者側とユーザー側のそれぞれの視点から、今後の動向をまとめた。第1部はシステムを提供しているベンダーを取り上げる。(第2部はユーザー編)

(加瀬惇也)

【対談】VAIO株式会社大田義実代表取締役社長― モノづくりにはとどまらない、 新たなVAIO ブランドの確立をめざす

ソニーから分離・売却され、2014年7月に誕生したPCメーカーであるVAIO株)の業績がV字回復に転じている。設立2年目には黒字転換し、今期(2017年5月期)はさらに利益を伸ばす見込みだ。PC事業では事業の効率化に加え、法人への大胆なシフトが奏功し、収益を回復。新事業として立ち上げたEMS(受託生産)事業も着実な成長を遂げ、第2のコア事業となった。こうした一連の事業改革に加え、社員の意識改革をリードしたのが大田義実代表取締役社長である。同氏にこれまでの改革の成果と、モノづくりにとどまらない、新たな第3の事業の構想について話を聞いた。

(MM総研所長 中島 洋)

【追跡! ITベンチャー68】ボンサイラボ株式会社― 安価で使いやすい3D プリンターの開発、普及をめざす

「3Dプリンター」が普及期に入ったようだ。3Dプリンターを製造工程などに活用することで、工期短縮やコスト削減、少量多品種生産の実現などにつなげることができる。ボンサイラボ株式会社(本社:東京都港区、大迫幸一代表取締役)は、3Dプリンターの普及促進に向けて積極的に事業に取り組んでいる。現在の取り組みや今後の事業戦略などを取材した。

(小野寺つぐみ)

〈ヒト型ロボット最前線⑲〉画像解析×ロボティクス× AI が巻き起こす 白物家電のイノベーション― セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ、 世界初の全自動衣類折たたみ機「laundroid」

成熟産業の代表格でもある白物家電に新たなイノベーションを巻き起こそうと奮闘する企業がある。世界初となる全自動衣類折たたみ機「laundroid」(ランドロイド)を開発したセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(株)(本社:東京都港区、阪根信一社長、以下セブンドリーマーズ)だ。5月に予約販売を開始する。衣類の整頓の自動化という、誰も考え付かなかった切り口で同製品を開発した狙いと、今後の販売戦略などを取材した。

(池澤忠能)

【経営3】(株)富士通エフサス― 運用サービスの拡充、「働き方改革」など新領域への進出を加速

長年にわたり、電機メーカー各社のサポート子会社は、親会社やグループ会社の顧客企業に対する保守サポートを提供してきた。しかし、2000年以降のダウンサイジングによる大型コンピュータ需要の縮小、クラウドの普及による所有から利用への流れが加速する中で、保守サポート市場は縮小を続けている。サポート子会社の経営も厳しさを増す中で、唯一、業績で上向きの兆しが見えるのが(株)富士通エフサスである。市場環境の変化に対応した事業展開を加速させる同社の動向を紹介する。

(池澤忠能)

【経営4】中古携帯端末販売の業界団体「リユースモバイル・ジャパン」 (RMJ)が発足― 中古スマホの流通量の拡大をめざす

中古携帯端末を扱う流通業者8社は3月14日、都内で中古スマートフォンの業界団体「リユースモバイル・ジャパン」(以下: RMJ)を設立した。急拡大する中古スマホ市場の健全な発展および消費者保護が設立の目的だ。RMJ では活動第一弾として、会員各社が取り扱う中古端末の「平均買取価格」を公表することでキャリアの下取り価格との違いを示す方針だ。

(久田峻介)

【IT業界の深層流】変化の時代は議員立法が機能

 

【IT道標】ビジネスプラットフォームとして期待されるLINE

 

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム