本格的なSIMフリー時代への挑戦(2015年4月号 No.226)

【特集】クラウドの利用拡大で高速・大容量化する企業向けインターネット― 有力各社の市場戦略

企業が利用するインターネット接続サービスは、クラウドサービスをはじめ、動画コンテンツの利用が拡大するなど、通信トラフィックは増加傾向が続いている。そのような中で、サービス提供事業者は、回線容量の拡大や効率的なネットワーク構築、セキュリティ強化などが求められている。本稿では、主な企業向けインターネット接続サービス事業者が提供するサービス動向や今後の事業動向についてレポートする。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/渡辺克己、加太幹哉、西脇毅)

【データ】出荷金額は4年連続で増加、仮想化環境への移行が着実に進む― 2014年暦年国内PCサーバー出荷概況

MM総研がまとめた2014年(1~12月)の国内PCサーバーの出荷台数は、前年比0.5%減の51万4,220台となった。一方、出荷金額は、前年比6%増の2,416億円、出荷平均単価は47万円と前年比2万9,000円の増加となった。2014年上半期は、消費税駆け込み需要があり、4.4%増となったが、その反動が年後半まで続き下半期は4.9%の減少となった。2015年7月に予定されているWindowsサーバーOSのサポート終了に伴う更新需要は、大手企業を中心に発生しているものの、本格化はこれからの状況だ。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/中村成希)

【トレンド1】日本のクラウドコンピューティングに関する3つの疑問― クラウド市場の現状分析

本稿では、日本のクラウドコンピューティングに関する3つの疑問に答える。そのために、日本のクラウドの利用実態を明らかにするための定量調査を実施した。また同様な調査は、前年にも実施していることから経年的な分析も行った。
(主幹研究員/新谷隆)

【トレンド2】社内システムにおける存在感が高まり、市場は拡大基調が続く― Web統合電話帳アプリケーション市場の動向

企業内の様々なコミュニケーションツールを統合・連携し、業務の効率化や生産性の向上につなげる「Web 統合電話帳アプリケーション」(以下、Web 電話帳アプリ)の市場が拡大している。IP-PBX の導入やスマートデバイスの業務利用、国内外の拠点との密接なコミュニケーションを必要とする大企業を中心に導入が進んでいるが、ここにきて中堅中小企業にも裾野は広がりつつある。Web 電話帳アプリのサービス事業者は、機能拡充とともに、手軽に導入・利用できるクラウド型のサービスの提供にも注力を開始している。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/池澤忠能、山口泰裕、水品直毅)

【トレンド3】組織的なソフト違法コピー根絶に向け、通報者報奨金キャンペーンを実施― 日本BSAの「知財ブラック企業は通報だ!」

国際的なソフトウェアの権利保護団体であるBSAの日本拠点、日本BSA|ザ・ソフトウェア・アライアンスは2月16日、都内で記者会見を開き、組織内違法コピーの解決につながる有力情報の提供者に対して、最高300万円の報奨金を提供すると発表した。キャンペーン名は「知財ブラック企業は通報だ!」。日本国内におけるソフトウェア違法コピーの現状と日本BSAがどのように取り組んでいるか報告する。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/水品直毅)

【トレンド4】日本通信、VAIO株式会社と協業で大手キャリアへの対抗軸打ち出す― Android5.0搭載の「VAIO Phone」発売

日本通信とVAIO株式会社は3月12日、Android5.0搭載の新スマートフォン端末「VAIOPhone」を発表した。3月20日に出荷を開始し、イオンをはじめとした各チャネルで販売する。同端末は日本通信が製造元となり、VAIO株式会社はデザインを中心に監修した。デザイン性を高めつつ、シンプルながらも今後日本通信が提供する多様なソリューションを実現するために必要な性能を確保しているという。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/石塚昭久)

【経営1】ベンチャーと連携。革新的なサービス創出めざす― 学研アクセラレータープログラム

大手企業の間でベンチャー企業と組み、新規事業を立ち上げる「アクセラレータープログラム」の動きが出始めたが、株式会社学研ホールディングスも株式会社ゼロワンブースター(東京都港区)と共同で「学研アクセラレータープログラム」を立ち上げた。国内の教育事業の分野では初の試みという。学研側の狙いや今後の戦略、課題などについてレポートする。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/山口泰裕)

【追跡!ITベンチャー㊽】スマートフォン連動のセキュリティカメラ・サービス― セーフィー株式会社

スマートフォンとネットワークカメラを使って手軽に遠隔監視ができるIoT(InternetofThings)サービスを開始したのがセーフィー株式会社(本社:東京都品川区、佐渡島隆平社長)だ。カメラで録画した高精細の映像と音声を月額980円で7日間クラウド上に保存でき、どこからでも安全に確認できるのが特徴だ。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/加太幹哉)

【追跡!ITベンチャー㊾】Web制作で独自のバージョン管理システム・サービス― 株式会社ユニマル

タブレットやスマートフォンに加え、ウェアラブル端末など、デバイスの多様化が進む中で、Webサービスの分野でも複数のデバイスに対応できるレスポンシブルデザインなどの技術が普及し始めた。Webサービスを選択する上でユーザビリティやデザイン性の重要度が増すことが予想されるだけに、エンジニア、デザイナーなどのWeb制作側とユーザー企業の間のコミュニケーションは質と量ともにカギを握る。Web制作におけるコミュニケーションを包括的に取りまとめるサービス「universions」を提供しているのが株式会社ユニマル(本社:鹿児島市、永田司代表取締役COO)だ。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/平澤悠花)

【経営4】高度な分析ツールを誰もが利用できる時代へ― 「IBM Watson」が実現する新たなコンピューティング環境

日本IBMは、2015年2月、ソフトバンクテレコムと共同で、人工知能を搭載したスーパーコンピューターシステム「IBM Watson」(以下、「Watson」)の開発と日本市場での利用拡大を両社で推進していくことを発表した。コンピューターが自ら学習し、考え、瞬時に膨大な情報源から大量のデータを統合し分析する“コグニティブ・コンピューティング”の普及拡大をめざす。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/池澤忠能)

【IT 業界の深層流】データセンターの地方分散への秘策

内容は本誌参照ください

【IT道標】登録修理業者制度の抱える課題

内容は本誌参照ください

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム