「ひかりTV」が最優秀賞を獲得(2015年5月号 No.227)

【特集1】クラウド接続回線として新たな需要が拡大― イーサネット専用線サービス

イーサネット専用線は、拠点間をEthernet方式で接続し、完全帯域保証型で提供する高品質なネットワークサービス。アクセス回線までエンド・ツー・エンドで帯域を専有するため、他のトラフィックの影響を受けることがなく、常に安定した速度で通信できる。そのため、リアルタイム処理を行う金融機関や信頼性を重視する企業・団体、高速・大容量を必要とするISP、コンテンツ配信事業者のバックボーンネットワークとして利用されてきた。近年は、クラウドサービスやモバイルコンテンツ、映像コンテンツの利用拡大によりデータトラフィックが急増。1Gbps以上の高速回線にレベルアップするケースが目立っている。イーサネット専用線の市場規模は毎年2%程度拡大し、14年度には500億円規模まで成長。データセンターの新設に伴う敷設やデータセンター間の接続、クラウドサービスとの接続にイーサネット専用線を利用するユーザーが増えている。成熟期を迎える企業向けネットワーク市場の中で新たな需要を取り込み、拡大している。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/渡辺克己、加太幹哉)

【特集2】登録修理業者制度の導入が新たな修理サービス市場の拡大を加速― 携帯電話修理サービスの市場動向

国内市場ではスマートフォンの普及が進む中、故障・トラブルなどに対応した修理サービスの需要が高まっている。“街の修理屋”とも呼ばれる非正規修理店も全国各地に見られるようになった。こうした状況を受け、総務省では、2014年4月の電波法の一部を改正する法律の中に、メーカー及びメーカーから委託を受けた修理事業者のみに認められている現行制度を改正し、第三者にも修理を認める規定を盛り込んだ。これにより非正規修理業者も国から認可を受けることで、登録修理業者として正規のサービスを提供できるようになった。この登録修理業者制度の導入が2015 年4 月1 日より始まったことで、ユーザーにとっても、通信事業者や一部メーカーの店舗に加え、第三の選択肢として身近にある修理サービス店を安心して利用できるようになる。本稿では、非正規修理サービス市場の概況を踏まえた上で、主要なiPhone修理事業者のサービス取り組み状況などを紹介する。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/池澤忠能)

【データ1】NTTぷらら「ひかりTV」が5年連続最優秀賞― 「スマートTV サービスAWARD2015」

MM総研は3月12日、「スマートTVサービスAWARD2015」の審査結果を発表した。最優秀賞には、NTTぷららが提供する「ひかりTV」が5年連続で選ばれた。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/横森 忍、加太幹哉)

【データ2】マイナンバーをきっかけに変革迫られる人事給与システム― MM総研アンケート調査結果から浮かびあがった現場の“不安”

企業の雇用形態が多様化し業務が複雑化する中、2015年10月からのマイナンバー制度移行で社会保障や税の一体化が進むことから、企業が導入している人事システムや給与システムが大きく変わることが想定される。そこでMM 総研では人事給与システムの導入状況についてアンケートを実施、その調査結果をもとに企業が求める新しい人事給与システムはどのようなものかを考えてみた。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/西脇 毅)

【トレンド1】The Edge of Innovation 通信革命の更なる先へ― Mobile World Congress 2015

携帯電話関連の見本市では世界最大規模を誇るMobile World Congress 2015(以下: MWC)が今年もスペインのバルセロナFira Gran Viaにて開催された。10年前の初開催時に6万人だった参加者は1.5倍の9万3,000人まで増加。携帯電話やスマートフォン、ネットワークや周辺機器など関連サービスの普及でモバイルデバイスユーザーは38億人に達し、全世界人口の半分を超えて更なる成長が期待されている。次に来るトレンドの存在、新しいビジネス市場の可能性を探るべく約200の国から4日間のイベントへと集結した。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/横田英明)

【トレンド2】欧州中心に急速に高まるインターネットでの「人格権」保護― 日本でも「公共性」と「人格権」のはざまで、IT サービスのルールに変化も

インターネットの推進グループは、草創期からインターネットは自由な空間である、と主張して、国家や社会のルールとは違った「表現の自由」「言論の自由」「思想の自由」などがあるとみなして来た。しかし、インターネットが閉じられた空間ではなく、市民が生活するリアルな社会と密接な関係を持つ一体的な空間へと進化してくると、事情は大きく変わった。リアルな社会の秩序を破って、実社会に被害が出始める。とりわけ「人格権」の観点からは、インターネットに厳しい規制を要求する声が強くなってきている。
(MM 総研所長/中島 洋)

【ヒト型ロボット最前線②】“介護”のみならず、パートナーロボットとして新たな市場拡大をめざす― 富士ソフトのコミュニケーションロボット

超高齢社会を迎え、高齢者夫婦や単身の高齢者を心身両面で支える仕組みが必要になっている。特に人と会話する「コミュニケーションロボット」は介護予防、リハビリテーション等の領域での活用を期待されている。富士ソフトが開発した人型コミュニケーションロボット「PALRO」(パルロ)について報告する。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/水品直毅)

【トレンド4】高齢者の自立した社会生活を支える新しい見守りサービスのかたち― 会話型見守りサービス「つながりプラス」

国民の4人に1人が65歳以上の高齢者という超高齢社会を迎える中で、とりわけ独居高齢者の数が今後急速に増えていくことが予想されている。「平成26年版高齢社会白書」では、独居高齢者の数は2015 年に600万人、2025年に700万人を突破するとの見通しだ。こうした状況の中、(株)こころみが提供する会話型見守りサービス「つながりプラス」は、これからの超高齢社会の在り方を考えた時に、本当の意味で見守られる側の立場になったサービスとして期待と注目を集めている。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/池澤忠能)

【経営1】新たなモバイルネットワークの構築をめざす― エリクソンのNFV

モバイルネットワークのトラフィックが急増している。今後も多様なアプリケーションの利用や、IoTの進展によりさまざまな端末間でのネットワーク化が進むことでトラフィック量が増加することは必至であり、通信事業者はネットワークの品質を保ちつつ、コストを抑えることが課題となっている。そのような中でSDN(Software Defined Network)/ NFV(Network FunctionsVirtualization)を活用したネットワーク構築が注目されている。通信事業者向けのネットワーク機器ベンダーとして業界をリードするエリクソンの取り組みについてレポートする。
(ネットワーク・ソリューション研究グループ/西脇 毅)

【経営2】「顧客最適」を追求したハイブリッドクラウドを推進― SCSKのクラウド・ERP 戦略

2011年10月に住商情報システムとCSK が合併して誕生したSCSK。日本を代表する大手SIer の一角である同社は、「クラウド」という言葉が誕生する以前から、顧客企業のシステムをオンプレミスからクラウドへと移行する案件を多く手掛けてきた。その経験と実績を基に、コストメリットと充実したサポート体制を両立した「ハイブリッドクラウド」を推進している。また、自社開発の「ProActive」をはじめ「SAP」や「Oracle」といったERP ビジネスも行っているが、昨年に「ProActive」のSaaS版を提供開始するなど同ビジネスのクラウド化も進めている。本稿ではSCSKのクラウド・ERPを中心に同社の戦略についてレポートする。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/上田浩志)

【経営3】コミュニケーション基盤の効果的な刷新を支援― 富士通のWeb 電話帳ソフト「FUJITSU Network ContactFind」

様々なスマートデバイスがビジネスシーンで利用される中、コミュニケーションの効率化による生産性向上が企業にとって喫緊の課題となっている。富士通ではこうしたニーズに応える一つのソリューションとして、Web 電話帳ソフト「FUJITSU Network ContactFind」を開発し、コミュニケーション基盤の刷新を進める企業を支援している。
(クラウド&モバイル・ソリューション研究グループ/池澤忠能)

【IT業界の深層流】データセンターの節電対策の進展

内容は本誌参照ください

【IT道標】コンシューマICTの次の進化

内容は本誌参照ください

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム