2001年国内PCサーバー出荷概況(2002年 04月号 No.70)

【特集1】収益向上に動き出した勝ち組み― 主要コンテンツサイトの動向

インターネットの利用者数が3千万人を超え、我々の生活の中に定着してきた。様々なコンテンツが登場し、ビジネスモデルを模索してきたが、ここにきて勝ち組みサイトが明らかになってきた。マルチメディア総合研究所では、ビジネスモデルの確立に成功したサイトに注目し、サービス動向をレポートした。

【特集2】過去最高の32万4,500台を出荷― 2001年国内PCサーバー出荷概況

当研究所の調査によると、2001年の国内PCサーバー出荷量は、前年比21.6%増の32万4,500台と過去最高を記録した。とくに前半期には、コンビニ、流通などの大口商談や大手企業の活発な設備投資で15万2,400台と半期としては過去最大の伸び(前年比35.8%増)を達成した。後半期こそ、前年比11.3%増にとどまったが、ドン底を経験したパソコンなど、軒並み実績ダウンのIT関連製品とは違い、PCサーバーだけは本格ブロードバンド時代にともなう社内外の設備充実ニーズが追い風となり、“絶好調”と言える状況にあった。

【トレンド1】連載 追跡!ネットビジネス!!混雑サイトはどこから生まれ どこへ行くのか⑱― 渋谷巨艦店に続き、電子店舗の売上が2位に成長 ~HMVジャパン

繁華街に多数の巨大店舗を出店している英国の日本法人HMVジャパン㈱は、オンラインショッピングサイト「hmv.co.jp」の売り上げが好調だ。01年11月のリニューアル後、リアル店舗全店と比べても2番目の売り上げをあげるまでに成長。1年以内に渋谷店を抜いて売り上げトップに踊り出る可能性も高いという。なお、01年4月期の全売上高は約340億円。うち、hmv.co.jpは数10億円の規模とみられる。店舗改装を続け第4世代目に当たる現行サイトの成功の秘密に迫る。

【トレンド2】メーカーと中古チャンネルとの協業を促す?!― 個人向けパソコンリサイクルが来秋スタート

個人(家庭)が排出するパソコンのリサイクル制度が、2月末の経済産業省・産業構造会議で大枠を決定、2003年10月以降にスタートする見通しとなった。家電リサイクル法が施行された01年4月以降、パソコン販売店でもにわかに中古パソコンビジネスに注目が集まった。それまでは、秋葉原や日本橋など限られた商圏、またソフマップなど他店に先駆けてノウハウを構築してきた特定の販売店のみのビジネスだったが、ヤマダ電機やビックカメラなど家電量販店の雄が参入してきた。マルチメディア総合研究所では00年度の国内中古パソコン市場を50万~60万台強と推計しているが、うち7割は企業が廃棄したリースアップ物件の再生品と見ている。個人向けのパソコンリサイクル法が施行されれば、廃棄処分時の費用負担を嫌う消費者が、販売店の中古パソコン買い取り制度に集まり、中古パソコンの供給量は大きく膨らむ可能性も大きい。

【トレンド3】IT道標― パソコン再生 タオの事例

国内パソコン市場は、2001年後半より急速に景況が悪化したとはいえ、出荷台数規模は約1,230万台にものぼる。99年に出荷台数1,000万台を突破して以来、今年(02年)を含め4年連続で1,000万台超えは確実。一方、新製品が3ヵ月ごとに各メーカーから投入されるため、消費者は購入した矢先から“古い商品”になる自分のパソコンに不満を持つ。商品自体は高機能であるため十分に使いこなせるレベルにあるにもかかわらず、次の新商品に購入意欲を刺激されるという消費パターンになっている。これまで、あまり議論されてこなかったが年間1,000万台を超えるパソコンをどのように廃棄・再利用していくのかという課題は、今後の社会・環境問題として放置できないものである。

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム