企業向けソリューションで拡大する「ホスティングサービス市場」(2002年 07月号 No.73)

【特集1】ウイルスチェック、多機能化などで単価アップを狙う― 企業向けソリューションで拡大する「ホスティングサービス市場」

共用ホスティングサービスは、スタンダードなWebサーバーやメールサーバーとしての存在から企業向けソリューションという高度用途型に進化している。インターネットの普及や競合社の増加により利用価格が低下、このため各社は単価アップを狙いさまざまなサービスを開発している。特に、ウイルスチェックサービスの反響が大きく、将来的には顧客企業の50%以上が利用する必需品になると見込まれている。ホスティングサービスは、単なるレンタルサーバー機能だけでなく、今後は企業が必要とするインターネットソリューションすべてを提供するサービスになる。高まるCS(顧客満足度)志向に向けて、各社が独自にサービスを打ち出している。

【データ1】2001年度 国内PCサーバー出荷概況― 過去最高の32万7,900台出荷も、前年伸び率は11.9%の微増にとどまる

01年度の国内PCサーバー出荷量は32万7,900台と過去最高を記録したが、対前年比では11.9%増と調査開始以来最低の伸び率にとどまった。特に上半期は政府のeプロジェクトなどの大口商談で好調だったにもかかわらず、後半は景気減速の影響から市場は急速に冷え込み、これが伸び率低下に大きく影響した。PCサーバー市場は、これまで確実に2ケタ台の伸びを確保してきたが、下半期以降の民需の冷え込みが厳しく、これまで需要を支えてきた、企業のIT(情報技術)投資にも満腹感が出てきた。PCサーバーもパソコン同様に生き残り競争は激しさを増している。出荷金額は市場の伸びが鈍化したことに加え、1Uラックマウント機などの低価格機が半数以上を占めたため、9.6%減の2,260億円となった。

【データ2】液晶パネル― ノートパソコンや液晶TV需要で、市場は強含み ~年内中に低価格市場と揉み合いか

LCD(液晶表示装置)は、一年半ごとに供給不足期と供給過剰期を繰り返すクリスタル・サイクルの代表市場だ。今年はLCD業界にとって幸運なことに、供給不足の周期に入っており、売り手市場になっている。ここ数年間ではもっとも良い時期で、大型ものは昨暮れ以来7ヵ月続けての値上げが実現している。ただ、これが最終ユーザーであるパソコンなどの製造コストを圧迫し、価格上昇の要因を作っている。液晶パネルを大量消費するパソコンや携帯電話はIT(情報技術)不況の代表選手で、この価格上昇が回復基調にある消費意欲にブレーキを掛けるのではないかと懸念されるところだ。

【トレンド1】連載 追跡!ネットビジネス!!― アルケミアの「X CITY」 ~ブロードバンドで期待を集めるアダルトコンテンツ

「ブロードバンドコンテンツは儲からない」。これがISP関係者の率直な感想だろう。映画やeラーニングなどブロードバンド化が進むにつれて発展していくという予測もあるが、多くの関係者は懐疑的だ。その中で注目できるコンテンツが「アダルトコンテンツ」だ。果たしてアダルトは実際に利益を上げているのか?日本でのインターネット黎明期に当たる95年からサービスを展開しているアルケミアに、先行者としての試行錯誤、ベールに包まれた業界状況を取材した。

【トレンド2】伸び悩む市場規模、新用途でビジネスマーケットを掘り起こせるか!?― 国内PDA市場の行方

国内PDA市場の気勢があがらない。00年から01年前半にかけて専門筋からは「年率10%超の成長予測」「PCに代わる成長市場」などもてはやされたが、どうやら甘い見通しだったようだ。マルチメディア総合研究所の調査では、PDA市場(ハンディタイプ)は昨年度ほぼ横ばいの出荷台数に終わっている。特にコンシューマー市場ではシャープ「ザウルス」など独自OS搭載機が伸び悩み、パームOS搭載機もソニー「CLIE」が唯一気を吐くにとどまっている。一方で、01年度はPocketPC2002の発表により、WindowsOS勢はコンシューマーからビジネス市場へとターゲットを変え、拡販に乗り出そうとしている。従来からモバイルソリューションとしてホワイトカラー向けのSFA(営業情報武装)需要はあったが、ここでめざしているのは、従来HTT(ハンディターミナル)など専用端末が主力の流通・小売ソリューションまで啓蒙活動の裾野を広げること。果たしてPDAはHTTの市場を侵食しビジネス市場を開拓できるのか。それとも違った展開が必要なのか?国内PDA市場の動向と流通・小売業への拡大可能性を探った。

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム