第3世代携帯電話のサービス動向(2004年 05月号 No.95)

【特集】ブレード元年到来か?― 04年PCサーバー・ブレードシステムの動向

03年に34万5,000台という過去最高の出荷台数を記録したPCサーバー市場。しかし、出荷金額では、00年に記録した2,400億円をピークに以降3年間漸減を続けている。低価格を牽引力として拡大を続けているPCサーバー市場で、メーカー各社が新たな収益源として注力しているのが「ブレードサーバー」だ。高付加価値製品による差別化、単価下落対策などメーカーの寄せる期待も大きく、ユーザー企業に対し、省スペース化・運用管理の容易さを売りに積極的な提案を進めている。ブレードサーバーはPCサーバー市場にどのような変化をもたらすのだろうか?

【データ】3G普及でビジネスモデルの再構築を迫られる携帯事業者― 第3世代携帯電話のサービス動向

携帯電話契約数は、04年1月に8,000万件を超え、04年3月末には8,151万件(対前年比7.7%増)に達した。携帯電話の普及率は63%を超えており、今後は新規契約者が減少する見通し。携帯電話事業者別にみるとNTTドコモが4,592万件で第1位。次いで、KDDIのauが1,695万件で第2位。ボーダフォン1,500万件、ツーカー363万件と続く。累計契約数では、NTTドコモが市場シェア56%を確保した。年間純増数では、NTTドコモの206万件に対して、auが290万件を獲得し、初めてトップに立った。auは、第3世代携帯電話(3G)で先行し、「着うた」や「着ムービー」、「ムービーメール」、「パケ割」などのサービスを提供。次世代携帯電話サービスとしてユーザーの支持を得た。04年度は、NTTドコモやボーダフォンも3Gを強化する方針を打ち出した。携帯電話事業者の競争力を左右する3Gを軸に、各社のサービス動向をレポートした。

【トレンド】本格的な普及へ向けサービス拡充が進む― ホームセキュリティー最新動向

犯罪件数の増加による社会不安の高まりを背景に、安心・安全ニーズが高まっている。03年の犯罪件数(認知件数) は約280万件で、140万件前後であった昭和期の約2倍。その内容も重要凶悪事件の多発、ひったくりなどの街頭犯罪や侵入犯罪の増加、少年非行の深刻化、来日外国人による組織犯罪の多発など、凶悪化・多様化してきている。犯罪増加に伴い、従来は富裕層の利用が多かったホームセキュリティーが、一般家庭にも浸透し始めている。今号ではセキュリティー関連事業者からセコムと東京ガスのサービスを紹介する。

【経営】中小企業向けオールインワンパッケージサービスが好調― 富士ゼロックスが提供する「beat」

新しいウィルスの出現が連日のように報じられるようになった昨今、企業はどんな対策をとっているのだろうか?専門のネットワーク管理者がいる大企業は除き、そうではない中小企業は四苦八苦しているのが現状だ。そんな悩みを解決するのが、今回紹介する富士ゼロックスの「beat」というネットワークサービスだ。富士ゼロックスと聞くと、プリンターやコピー機のイメージが強いが、いったいなぜこういったサービスを提供しているのか?同社beat事業部の中原裕幸事業部長にその戦略を聞いた。

【IT道標】メモリーカードがデジタル家電市場を動かす

デジタルカメラの売れ行きが止まらない。03年の国内出荷は844万台、輸出が3,497万台でいずれも前年を大きく上回った。しかも400万画素や600万画素クラスの大容量機が主流となり、それに伴い画像データ保存用のメモリカード市場も急成長している。03年の出荷は世界市場で1億枚(出荷額は約27億ドル)を突破し、02年の7,500万枚から約4割も増加した。デジカメに加えて携帯電話や携帯オーディオ機器にもカードスロットの搭載が進むため、04年も大幅な市場拡大が見込まれ、1億5,000万枚を超えることは間違いない状況だ。

M&D レポート購入のご案内

M&D Reportは完全年間購読制となっており、書店ではお求めになれません。年間購読(年間購読料9万6000円(税別))を希望される方は、購読申込み書をプリントアウトの上、必要事項記載の後、FAXでお申込みください。
お申し込みに際しての疑問、質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

購読のお申し込み

購読申し込み書をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、下記FAX番号宛にお送りください。

購読申し込み書の
ダウンロード(PDF)

FAX 03-5777-0163

お問い合わせ

お問い合わせは電話、またはフォームにて受け付けています。

電話をかけるお問い合わせフォーム

TEL 03-5777-0161

受付時間 9:00~18:00
(土・日・祝日定休、年末年始休業)

お問い合わせに際し、電話/お問い合わせフォームでのご連絡及びFAXの 弊社への送信により、お客様よりお預かりいたします個人情報に関しましては、お問い合わせいただいた当該案件に関するご連絡・ご説明に関してのみ利用させていただき、第三者への提供は行いません。

個人情報(名前、ご連絡先など)をご提供いただけない場合は、弊社からご連絡できない場合もございますことをご了承ください。

お預かりした個人情報の消去、利用停止、訂正、開示に関しても対応いたします。個人情報に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社 MM総研 総務部長(個人情報保護責任者)

住所 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話 :03-5777-0161(代表)
時間 :9~18時[土・日・祝日定休、年末年始休業]

電話をかけるお問い合わせフォーム