IoT

  • 2017年02月07日

    「IoT社会実現のため、モノ向けの通信を手軽に使えるようにする」

    MM総研のIT専門情報誌「M&D Report」2月号(1月25日発売)は「MM総研大賞2016」のスマートソリューションン部門で最優秀賞を受賞したソラコムの玉川憲社長の対談を掲載した。受賞対象のIoT通信プラットフォーム「SORACOM」は低消費電力、低価格のモジュールが使える規格を採用、あらゆるモノがつながるIoTの実現可能性を一段と広げた。

  • 2017年01月24日

    IoT導入状況調査(2016年11月時点)

    ■ 前回調査よりIoT導入率は1.1ポイント、導入検討率は4.6ポイントの増加

    ■ サービス選定の重視ポイントは「総合力」

    ■ 「信頼性・セキュリティ」で強みを発揮する国内ベンダー

  • 2017年01月17日

    ARとVRに関する一般消費者の利用実態と市場規模調査

    ■ 認知度はAR30.9%、VR47.5

    ■ ARコンテンツの利用経験はポケモンGOが最も高い

    ■ VR HMDの所有率は3.4%、購入意向は8.0

    ■ 2016年度コンテンツ国内市場規模はAR 59億円・VR 27億円、VR HMDは55億円の見通し

  • 2016年09月14日

    国内ウェアラブル端末の市場展望

    ■日本の市場規模は2016年度224万台、2020年度に577万台に拡大すると予想
    ■ ウェアラブル端末の知名度は8.7 ポイント上昇
    ■ 利用者の不満ポイントはバッテリー、価格、連携アプリ数
    ■ 業務利用は導入によるメリット訴求がカギ

  • 2016年01月20日

    IoT(Internet of Things)の国内市場規模調査

    ■ IoTの国内市場規模は2015年度に2,930億円と14年度比69.1%増の見通し
    ■ 19年度の予想は7,159億円で、14年度から年平均32.8%の成長率
    ■ IoT導入企業が最も多い業種は「製造業」、導入の課題は「セキュリティ対策」

  • 2015年02月05日

    日米におけるウェアラブル端末の市場展望

    ■ 日本の市場規模は2015年度134万台、2020年度に573万台に拡大すると予想
    ■ ウェアラブル端末の知名度は日本48.9%、米国94.2%
    ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に
    ■ 日米ともに情報漏えい・プライバシー侵害が課題に

  • 2013年12月25日

    日米におけるウェアラブル端末の市場展望

    ■ ウェアラブル端末の知名度は日本27.9%、米国83.4%
    ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に
    ■ 重視するデザインは日本では周囲に溶け込むもの、米国は個性的なもの
    ■ 日本の市場規模は2014 年度111 万台、2020 年度に604 万台に拡大すると予想