2013年国内携帯電話端末出荷概況

2014年01月30日

■ 2013年の総出荷台数は前年比10.2%減の3,929万台
■ スマートフォン出荷台数は前年比3.7%減の2,928万台
■ Appleが総出荷台数(32.5%)・スマートフォン出荷台数(43.6%)で共にシェア1位
■ 2013年度通期は総出荷台数3,710万台、スマートフォン2,750万台と予測

 MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は2013年暦年(2013年1月~2013年12月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数(従来型携帯電話(以下、フィーチャーフォン)及びスマートフォンを含む)は前年比10.2%減の3,929万台となり、4,000万台を下回る結果となった。

 MM総研では2013年の出荷台数が低調となった主な要因は、①ドコモiPhone投入を含めて、キャリアによる過剰なiPhone優遇施策により、その他国内・海外メーカーが投入するAndroidスマートフォンとの正当な競争環境が形成されていないこと、②フィーチャーフォンユーザーによるスマートフォンシフトのペースが予想以上に早く鈍化してきていること――の2点であると分析。

 スマートフォンの2013年出荷台数は前年比3.7%減の2,928万台となった。一方で、総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は74.5%(前年比5.0ポイント増)に上昇した。


■2013年の総出荷台数・スマートフォン出荷台数1位はApple
 2013年のメーカー別出荷台数シェアは、Appleが前年に続いて1位となった。出荷台数は1,277万台(前年比25.3%増)でシェア32.5%(前年比9.2ポイント増)となり、2位以下との差をさらに広げた。Appleはスマートフォンのメーカー別出荷台数でも1位となった(1,277万台、スマートフォン出荷台数シェア43.6%)。

 2位はシャープで出荷台数572万台(1.4%増)、シェア14.6%(1.7ポイント増)となった。3位はソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)で出荷台数496万台(27.2%増)、シェア12.6%(3.7ポイント増)となった。

 4位は富士通で出荷台数381万台(47.9%減)、シェア9.7%(7.0ポイント減)であった。5位は京セラで出荷台数347万台(5.8%増)、シェア8.8%(1.3ポイント増)。6位はSamsungで出荷台数231万台(32.3%減)、シェア5.9%(1.9%ポイント減)となった。

■2013年度の総出荷台数は3,710万台、スマートフォンは2,750万台と予測
 2013年度第4四半期(2014年1~3月)には既に発表済みで未発売の春モデル出荷が見込めるが、冬モデルの大部分は既に第3四半期(2013年10~12月)に出荷されている。このため、2013年度第4四半期の出荷台数は低調に推移する見通しである。2013年度通期の総出荷台数は3,710万台(前年度比11.3%減)となり、結果として、昨年10月末時点での予測3,960万台に比べ250万台少ない下方修正となった。

 また、2013年度のスマートフォン出荷台数は2,750万台(前年度比7.5%減)となり、スマートフォン出荷台数比率は74.1%(前年度比3.0ポイント増)と予測する。


■2014年度以降も3,500~3,800万台規模に下方修正
 MM総研では2014年度以降の出荷台数予測についても昨年10月末時点の見通しを下方修正した。新しい総出荷台数予想値は2014年度:3,550万台、2015年度:3,810万台、2016年度:3,680万台、2017年度:3,520万台となり、3,500~3,800万台規模で推移。

 うち、スマートフォン出荷台数(スマートフォン出荷台数比率)は、2014年度:2,660万台(74.9%)、2015年度:2,980万台(78.2%)、2016年度:2,920万台(79.3%)、2017年度:2,810万台(79.8%)となり、2,600~2,900万台規模で推移すると予測する。


(調査結果詳細を2月末発行の「M&D Report」に掲載します)

【スマートフォンの定義】 以下を条件としてMM総研による分類(2014年1月現在)
①以下OSを搭載 (Android、iOS、Windows、BlackBerry) ※今後は新たなOS登場も想定
②音声通話が可能 (画面7インチ以上でヘッドセット利用を想定した端末は含まない)
③アプリやソフトウェア等のカスタマイズが可能
④OS環境として(アプリ)開発仕様が公開されていること
⑤キャリア及びメーカーがスマートフォンと位置づけている製品
※今後の端末投入状況に応じて変更する可能性があります

本件に関するお問い合わせ先

株式会社MM総研

担 当 : 横田/篠崎/岩本

所在地 : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー

連絡先 : 03-5777-0161

電話をかけるお問い合わせ

ニュースリリースに関する注意事項

おすすめのニュースリリース