• 2017年11月20日

    2017年度上期国内タブレット端末出荷概況

    2017年度上期のタブレット端末出荷台数は前年同期比16.5%増の452万台

    Apple176.8万台(シェア39.1%)でシェア1位を維持

    OS別シェアはAndroid 222.7万台(49.3%)が1

    2017年度通期は920万台(9.4%増)。2020年度には1,000万台突破と予測

  • 2017年11月16日

    2017年度上期国内パソコン出荷概況

    ■上期出荷台数は前年度同期比1.6%増の492.8万台
    ■法人市場と個人市場が共に市場拡大
    ■17年度通期は1,031万台の2%増で2年連続のプラス成長へ 

  • 2017年11月15日

    2017年度上期国内携帯電話端末出荷概況

    2017年度上期の総出荷台数は1,634.6万台(前年同期比7.6%増)でV字回復

    スマートフォン出荷台数は1,373.6万台(12.9%増)で上期出荷として過去2番目

    ■ SIMフリースマートフォン出荷台数は20.4%増の144.6万台も想定を下回る

    フィーチャーフォン出荷台数は261万台(13.6%減)で過去最低を更新

    2017年度の総出荷台数は3,740万台、スマートフォン出荷台数3,170万台と予測

    ■ 2020年度のSIMフリースマートフォンは500万台到達も前回予測から下方修正

  • 2017年11月07日

    ドローン活用の最有望分野はここだ

     MM総研発行の「M&D Repor」最新号(11月号)では、ドローン特集シリーズ第3弾として「ドローン活用の最有望分野」を取材した。これまで、ドローン操縦士の育成問題、ドローン同士の衝突など事故を未然防止するための安全航行システムなどについてレポートしてきた。最新号では「ドローンビジネスはもうかるのか」といった事業面からアプローチする。

  • 2017年10月19日

    中古携帯端末の利用実態と市場規模(2017年10月調査)

    ■ 中古スマートフォン購入経験率は4.3

    ■ スマートフォンの下取り・売却経験者は約10人に1

    ■ 中古スマートフォンの購入金額は16,585円、スマートフォンの売却金額は10,062

     退蔵携帯電話(FP+SP)台数は17,607万台、市場価値は12,080億円と試算

    ■ 2016年度の中古携帯電話市場は191万台、うちスマートフォンは158万台

    ■ 2020年度の中古携帯電話市場は245万台、うちスマートフォンは231万台に拡大と予測

  • 2017年09月28日

    スマートフォンの修理サービス利用実態調査

    ■スマートフォン故障経験者の内、修理サービス利用者は70.1%

    ■第三者修理(街の修理店)の利用者は2.2%も、修理店舗数は増加傾向

    ■登録修理業者の認知度は5.3%、利用者メリット等の訴求強化が課題

  • 2017年09月26日

    クラウド会計ソフトの法人導入実態調査

    ■ 会計ソフト利用者のうち、クラウド型利用は14.5%
    ■ クラウド会計ソフトの導入メリットはコスト削減と情報の集約管理
    ■ クラウド会計ソフトの導入シェアは「freee」が32.3%で首位
    ■ インターネットバンキングなど、データ連携により業務効率化に期待

  • 2017年09月25日

    対応急げ EUのデータ保護規制「GDPR」

    MM総研は9月25日、IT情報誌「M&D Report」の10月号を発売した。特集では集中連載しているドローン関連企画として「ドローン航空管制システム最新動向」を取り上げた。ドローンの本格普及のためには空の渋滞を交通整理する管制システムの整備が不可欠。

     

  • 2017年09月05日

    全戸一括型マンションISPシェア調査(2017年3月末)

    ■ シェア首位はアルテリア・ネットワークスの「UCOM光 レジデンス」

    ■ 全戸一括型マンションISPの提供戸数は183.8万戸で前年比12.6%増加

    ■ 賃貸向け市場はさらなる拡大と予想

  • 2017年08月28日

    ドローン離陸の条件を探る

    MM総研発行の「M&D Report」9月号特集では、空撮、荷物搬送などの利用が期待されるドローン(小型無人機)の市場拡大の条件を探った。喫緊の課題が操縦士の育成だ。関東の各地にあるドローン操縦士を訓練する「ドローンフィールド」を取材した