株式会社 MM総研

サイト内検索

特集

特集
「20年後、1兆個のチップを供給」
 ――ソフトバンク孫社長、英ARM買収にかける思いを熱弁
関連記事INDEX
2016.07.22
▶  「20年後、1兆個のチップを供給」 ――ソフトバンク孫社長、英ARM買収にかける思いを熱弁
ソフトバンク主催の「SoftBank World 2016」が7月21日、22日都内のホテルで開催され、初日の基調講演でソフトバンクグループの孫正義社長は英国半導体設計大手のアーム・ホールディングス(ARM)買収を主なテーマに1時間半にわたって語った。日本企業による最大規模の買収になり、ソフトバンク株が一時値下がりするなどしたが、「ARMは将来、グループの中核会社になる」と断言、IoT時代を見据えた「“飛び石”戦略」(孫社長)は必ず成功するとの自信を示した。孫社長講演の要旨は以下の通り。
詳細