株式会社 MM総研

サイト内検索
ニュースリリース
MM総研独自の調査によるIT市場の分析データを定期的に発表しています。
年代別INDEX
2014.11.20
2014年11月20日
▶  2014年度上期国内タブレット端末出荷概況
■ 2014年度上期タブレット端末出荷台数は前年同期比20.8%増の413万台
■ Appleが179万台(シェア43.3%)で半期別の出荷台数シェア9期連続1位
■ OS別台数シェアはAndroid 198万台(47.9%)が1位
■ 2014年度通期は910万台(前年度比21.7%増)と予測
2014年11月12日
▶  2014 年度上期国内パソコン出荷概要
■総出荷台数は前年度同期比2.7%減の672万2,000台。XP入れ替え需要
の反動減が影響
■2014年度下期は34.7%減と統計史上最大の落ち込みを予測
■急激な円安で部品などの輸入価格高騰がパソコンメーカーに追い打ち
2014年11月4日
▶  8割が新規システム構築時にクラウドを検討、
国内クラウド市場は2015年度に1兆円へ成長
■ 2013年度の国内クラウド市場は6,257億円、2015年度に1兆円を超える
■ 8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討、クラウドファーストの浸透が顕著に
■ セキュリティに対する不安やクラウドの移行・運用コストが利用障壁に
■ パブリッククラウドではAmazon、プライベートクラウドではNTTコムが利用・検討1位
2014年10月30日
▶  2014年度上期 国内携帯電話端末出荷概況
■ 2014年度上期出荷台数は半期別で過去最低の1578万台(前年同期比4.1%減)
■ スマートフォン出荷台数は1050万台(13.7%減)でスマートフォン出荷比率も減少
■ Appleが601万台(シェア38.1%)で半期別台数シェア6期連続1位
■ 2014年度通期は総出荷台数3530万台、うちスマートフォン2510万台と予測
2014年10月23日
▶  スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金(2014年9月)
■ 2014年9月末のスマートフォン契約数は6,248万件で端末契約数の50.3%で過半数に
■ MVNO SIMカード利用率は1.8%。利用者の66.1%が月間2GB(ギガバイト)以下のプラン
■ 主要キャリアの新料金プラン加入率はスマートフォン 20.6%、フィーチャーフォン 11.7%
■ MVNO SIMカードの月額利用料金は1,572円でスマートフォン利用料金の22%
2014年10月2日
▶  中古端末市場の推移・予測(2014年10月)
■2013年度の中古携帯電話市場(FP・SP)は141万台
■タブレットを含めた2013年度中古端末市場は179万台
■2018年度の中古携帯電話市場は326万台。中古端末市場は465万台と予測
■2013年度のSIMロック解除端末は30万台
■キャリアの下取り施策がマイナス影響、MVNOがプラスの影響に
2014年9月25日
▶  情報セキュリティ対策、日米企業で大きな開き
―大企業600社調査 被害額減少する米国、拡大する日本―
■ なりすまし、ウィルス感染、標的型攻撃など情報セキュリティにかかわる被害額は2012年度から2013年度にかけて米国企業が50%減少しているのに対し、日本企業は83%増加
■ 2014年度の企業1社あたりの情報セキュリティ投資額(計画値)は日本23億円、米国は32億円
■ 専門コンサルタントなどプロフェッショナルサービス活用が米国企業のセキュリティ対策成功のポイント
2014年6月30日
▶  「MM総研大賞2014」審査結果のお知らせ
―スマート社会を支える製品・サービスを表彰、第11回目―
■「大賞」は新電力エネットの法人向けデマンドレスポンスサービス『EnneSmart』
■「スマートソリューション部門」の部門賞はNTTコミュニケーションズ、日本通信、NTT東日本、NEC、本田技研工業、NTT BP、エネット(※大賞と同時受賞)
■「話題賞」にはトヨタ自動車『i-ROAD』、ぐるなびの『ぐるなびPRO認証システム3.0』、サムスン電子ジャパン『GALAXY Gear』など
2014年6月12日
▶  2013年度 国内PCサーバー出荷概況
■出荷台数は3.9%増の53万3,012台と2年ぶりの増加
■出荷金額は4年連続の増加、前年度比9.7%増の2,372億円
■14年度はサーバーOS更新需要で二ケタ増の見通し
2014年6月12日
▶  ITデジタル家電購入意向調査(2014年夏ボーナス商戦編)
■ボーナス支給額は増加に転じ、購買意欲も回復傾向が続く
■購入意向はキッチン家電・生活家電が大幅増、海外旅行、ITデジタル家電も増加
■ITデジタル家電は、4Kとワールドカップ効果で薄型テレビが1位に
2014年6月10日
▶  国内MVNO市場規模の推移・予測
■ 2013年度末(14年3月)時点のMVNO回線契約数は前年度比42.7%増の1,480万
■ MNO(移動通信キャリア)でもあるMVNOの回線占有率が50%を超える
■ 独自サービス型SIMの回線契約数は173万回線で、モバイル市場全体でのシェアは1.1%
■ 2016年度の市場規模は3,240万回線、7,680億円と予測
■ MVNOサービスの認知度は25.2%、一方「格安SIM」の認知度は55.7%に上る
2014年6月3日
▶  全戸一括型マンションISPシェア調査(2014年3月末)
■ シェア首位はアルテリア・ネットワークスの「UCOM光レジデンス」
■ 全戸一括型マンションISPの提供戸数は127.9万戸で拡大傾向
■ HEMSやMEMSなど電力関連サービスの付加価値提供に注目
2014年5月28日
▶  ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2014年3月末時点)
■ 2013年度のFTTH年間純増数は155.3万件と前年度並みの伸びを維持
■ モバイルがブロードバンドの6割を超え、2015年度には1億件突破へ
■ 2014年度末のFTTH契約数は2,675万件と5.3%の成長を予測
2014年5月21日
▶  2013年度通期国内タブレット端末出荷概況
■ 2013年度タブレット端末出荷台数は前年度比30.5%増の748万台
■ Apple(43.8%)がメーカー別台数シェア4年連続1位
■ OS別台数シェアはAndroid(45.7%)が初めて1位を獲得、Windowsが10%越え
■ 2014年度は920万台(前年度比23.0%増)と予測
2014年5月15日
▶  2013年度 国内パソコン出荷概要
■出荷台数は過去最高の1,651.3万台(前年度比9.7%増)
■個人市場は割安なタブレットに需要が流出し不振、法人更新需要は堅調
■14年度は個人市場で苦戦続き、法人は更新需要が牽引へ
2014年5月13日
▶  2013年度通期国内携帯電話端末出荷概況
■ 2013年度通期の出荷台数は前年度比5.7%減の3,941万台
■ スマートフォン出荷台数は前年度比0.4%減の2,960万台
■ Appleが1,443万台で3年連続1位。スマートフォン市場では6年連続1位
■ 2014年度は出荷台数3,770万台、スマートフォン2,870万台と予測
2014年4月23日
▶  スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月)
■ 2014年3月末の携帯電話契約数は1億4,413万件で人口普及率113.4%
■ 2014年3月末のスマートフォン契約数は5,734万件で端末契約数の47.0%
■ 2014年3月末のOSシェアはAndroid 57.1%:iOS 41.8%
■ 2019年3月末のスマートフォン契約数は1億300万件に拡大と予測
2014年3月17日
▶  スマートTVサービスAWARD2014 実施と審査結果のお知らせ
■最優秀賞はNTTぷららの「ひかりTV」で8分野中5部門で最高の評価を獲得
■スマートTVサービス着手の早さと幅広いコンテンツへの対応が順位の分かれ目
■独自性のあるサービス展開やサービス多様化への対応が今後のカギ
2014年3月12日
▶  2013年 国内PCサーバー出荷概況
■出荷台数は前年比1.4%減の51万6,654台 
■出荷金額は前年比3.7%増の2,280億円、4年連続の増加
■2014年はOS更新需要で台数増の見込み
2014年2月13日
▶  2013年国内パソコン出荷概要
■出荷台数は微減、過去3番目の規模となる1519.1万台
■WindowsXP更新需要で法人市場が過去最高の出荷台数
■円安影響で出荷単価が増加傾向 出荷金額(総額)は4.2%増
2014年2月12日
▶  第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施
■最高水準のAAAサービスにNTTコミュニケーションズなどの8社を選定
■プライベートクラウドのサービスが充実、ユーザーの関心はコストから品質へ
■ユーザーはバックアップサービス、脆弱性対策などの信頼性を重視
2014年2月5日
▶  Web統合電話帳アプリケーション市場の概況/市場シェア
■ 2013年12月末の市場規模は、前年末から倍増となる29.5万ライセンスに拡大
■ ベンダーシェアはPhoneAppliがクライアントライセンス数シェアで71%を獲得
■ コミュニケーションツールの統合・連携による業務効率化などが市場拡大を後押し
2014年1月30日
▶  2013年国内携帯電話端末出荷概況
■ 2013年の総出荷台数は前年比10.2%減の3,929万台
■ スマートフォン出荷台数は前年比3.7%減の2,928万台
■ Appleが総出荷台数(32.5%)・スマートフォン出荷台数(43.6%)で共にシェア1位
■ 2013年度通期は総出荷台数3,710万台、スマートフォン2,750万台と予測
2014年1月29日
▶  個人消費動向に関する市場規模調査
■2013年度のEC市場は15.9兆円で、消費市場全体の5.6%を占める
■スマートフォン利用によるEC市場は2.6兆円で、EC全体の16.3%
■消費増税の影響で14、15各年度の国内消費は微減するもEC市場は二ケタ成長に
2014年1月22日
▶  スマートフォン契約数およびユーザーの端末購入動向(2013年12月)
■ 2013年12月末のスマートフォン契約数は5,328万件、端末契約数の44.5%まで拡大
■ フィーチャーフォンユーザーのスマートフォン購入意向は34.4%に留まる。利用料金が課題
■ キャリア変更に至るモチベーションには料金メリットが大きく影響
■ スマートフォン市場の更なる発展には料金見直しやMVNO SIMカードの活用にも期待