株式会社 MM総研

サイト内検索
ニュースリリース
MM総研独自の調査によるIT市場の分析データを定期的に発表しています。
年代別INDEX
2015.5.21
2015年5月21日
▶  2014年度通期国内タブレット端末出荷概況
■ 2014年度通期のタブレット端末出荷台数は前年同期比24.2%増の929万台
■ Appleが408万台(シェア43.9%)で出荷統計開始から5年連続シェア1位を獲得
■ OS別台数シェアはAndroid 425万台(45.7%)が2年連続1位
■ 2015年度は1,070万台で初の1,000万台超へ
2015年5月20日
▶  2014年度 国内パソコン出荷概要
■出荷台数は1,260.9万台(前年度比23.6%減)
■個人、法人市場共にWindows XPマイグレーションの反動を受け大幅減
■15年度も個人、法人市場共に前年度実績を下回る見込み
■出荷台数 1,260万9,000台  前年度比 76.4%
■出荷金額 1兆157億円 前年度比 83.4%
2015年5月14日
▶  2014年度通期国内携帯電話端末出荷概況
■ 2014年度通期の総出荷台数は前年比3.9%減の3,788万台
■ スマートフォン出荷台数は前年度比7.2%減の2,748万台
■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比6.0%増の1,040万台
■ 2015年度の出荷台数は3,810万台、スマートフォンは2,860万台と予測
2015年3月26日
▶  2014年 国内PCサーバー出荷概況
■出荷台数は前年比0.5%減の51万4,220台 
■出荷金額は前年比6%増の2,416億円、5年連続の増加
■仮想化の影響で台数横ばい、金額での成長が顕著に
2015年3月19日
▶  Web統合電話帳アプリケーション市場の概況 (2014年末)
■ 2014年12月末時点の市場規模は、前年比57%増の46.2万ライセンスに拡大
■ 事業者シェアはクライアントライセンス数でPhoneAppliが75%を獲得
■ 業務システムとの連携、クラウド対応の進展で2015年末は68万規模に拡大へ
2015年3月12日
▶  「スマートTVサービスAWARD2015」実施と審査結果のお知らせ
■最優秀賞はNTTぷららの「ひかりTV」、国内初の4K商用サービスの展開力も高評価
■スマートTVサービスを支えるプラットフォーム構築力や独自コンテンツ対応力で差
■テレビ視聴のスタイル変化に伴い、スマートTVサービスがますます重要な位置付けに
2015年2月18日
▶  2014年国内パソコン出荷概要
■出荷台数は微減の1491万7000台 XP特需反動がはじまる
■出荷金額は二けた増に 年前半の需要増が平均単価押し上げ
■2015年は特需反動が続き大幅減 1131.5万台を見込む
2015年2月5日
▶  日米におけるウェアラブル端末の市場展望
――日米消費者調査の結果から
■ 日本の市場規模は2015年度134万台、2020年度に573万台に拡大すると予想
■ ウェアラブル端末の知名度は日本48.9%、米国94.2%
■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に
■ 日米ともに情報漏えい・プライバシー侵害が課題に
2015年2月3日
▶  2014年国内携帯電話端末出荷概況
■ 2014年1-12月期の総出荷台数は前年比2.5%減の3,828万台
■ スマートフォン出荷台数は前年比5.3%減の2,770万台
■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比5.7%増の1,058万台
■ 14年12月末のスマートフォン契約数は6,544万件で端末契約数の52.3%
2015年1月7日
▶  法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2014年度版)
■法人向けフィーチャーフォンは3年後も54%が残る見通し
■スマートフォン導入企業の割合は、本格導入が増えるも、検討中の予備軍は減少
■スマートフォンの従業員配布率は現在5.8%から3年後12.5%へ拡大の見通し
■タブレット端末の従業員配布率は現在2.6%から3年後6.2%へ拡大の見通し
■スマートフォン導入拡大の阻害要因では「ウイルス感染」不安が2位に上昇