株式会社 MM総研

サイト内検索
ニュースリリース0一覧
2012年度上期国内タブレット端末出荷概況
■ 2012年度上期タブレット端末出荷台数は前年比82.1%増の193万台
■ Appleが118万台でメーカー別・OS別シェア61.1%で首位をキープ
■ 回線モデル:Wi-Fiモデル比率は47.2%:52.8%でWi-Fiが若干多い
■ 2012年度通期では「モバイルタブレット(手のひらタブレット)」が拡大し450万台へ
 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は12月5日、2012年度上期(12年4月〜9月)の国内タブレット端末の出荷状況を発表した。出荷台数は前年比82.1%増の193万台となった。MM総研が調査を開始した2010年度上期以降の半期別出荷台数は、上期・下期とも連続で毎回最高記録を更新している。


◆メーカー別・OS別出荷台数はAppleが118万台(シェア61.1%)で首位
 メーカー別台数・シェアではAppleが118万台でシェア61.1%となり1位を獲得。2位は富士通で22.2万台(シェア11.5%)、3位はNECの14.1万台(シェア7.3%)だった。以下、4位Acerの6.6万台(3.4%)。5位ソニーの6.3万台(3.3%)、6位東芝の6.2万台(3.2%)、7位ASUSの6万台(3.1%)の順(データ)。
 OS別出荷台数はAppleが発売するiPadのiOSが118万台でシェア61.1%に対し、Androidが75万台でシェア38.9%となった。
 本発表ではWindowsOSを搭載したスレート型PCやコンパーチブル型タブレットPCを対象にしていない。ただし、10月よりWindows8やWindows RTといった、タッチパネルにも対応したWindowsOS搭載のタブレット型端末も登場し始めている。今後、こうした製品についても一部統計対象に含めて発表していく予定である。




◆回線モデルとWi-Fiモデル比率はWi-Fiモデルが52.8%で若干多い
 キャリアの通信回線(3GやLTE)を搭載した回線モデルとWi-Fi通信のみを可能とするWi-Fiモデル別に見ると、回線モデルが91万台(シェア47.2%)、Wi-Fiモデルが102万台(シェア52.8%)となった。回線モデルはソフトバンクのiPadシリーズに加えて、NTTドコモの富士通「ARROWS Tab(F-10D)」やNOTTV(ノッティーヴィー)に対応したNEC製「MEDIAS TAB N-06D」が好調だった。


◆今後は7インチ台未満の「モバイルタブレット(手のひらタブレット)」が拡大
 画面サイズが約10インチで自宅での利用が中心となる傾向がある「ホームタブレット」は172万台(シェア89.1%)となった。一方、画面サイズ7インチ台以下で片手での操作が簡単で、屋外での利用も多い「モバイルタブレット(手のひらタブレット)」は21万台(シェア10.9%)となった。
 2012年度下期は既に発売されている「Nexus7」に加え、ソフトバンクモバイル、auからもセルラー(回線)モデルの取り扱いが開始される「iPad mini」や「第4世代iPad」、アマゾン「Kindle Fire」「Kindle Fire HD」といった7インチ台未満の製品を中心とした製品が多数登場している。2012年度上期には10.9%に留まった「モバイルタブレット(手のひらタブレット)」が今後のタブレット端末市場の底上げに貢献する。MM総研では、2012年度通期出荷台数を450万台(前年比61.9%増)と予測している。



【タブレット端末の定義】 以下を条件としてMM総研による分類(2012年12月現在)
@Wi-FiもしくはWi-Fi+3G(以上)の通信機能を搭載
A動画・音楽・電子書籍などのコンテンツを利用できるマルチメディア機能を搭載
B7インチ以上のディスプレイを搭載
Cスマートフォン同様のiOSやAndroidOSを搭載 (Windowsは2012年度下期以降のタッチスクリーンに最適化されたWindows8やWindows RT搭載のタブレット型製品を一部含める予定)

「ホームタブレット」・・・画面サイズ8インチ以上(約10インチが多い)
「モバイルタブレット(手のひらタブレット)」・・・画面サイズ7インチ台以下(7インチ台以下の2画面端末を含む)


========================================

■ 報道関係お問合わせ先
鰍lM総研 担当  横田/篠崎/春海(はるみ)
所在地   : 東京都港区芝公園2-6-3 芝公園フロントタワー
電話番号 : 03-5777-0161


========================================

■ 掲載時における注意事項
* 本リリースに関する出典表記は「MM総研」として下さい。
* 本リリースに掲載された資料はMM総研の取材等による調査結果及び推定に基づいて作成したものです。
  またこれらのデータは資料作成時点におけるものであり、今後予告なしに変更されることがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
mixiチェック
掲載時における注意事項