株式会社 MM総研

サイト内検索
ニュースリリース0一覧
スマートフォンアプリ市場と利用実態(2011年9月)
■2010年度のスマートフォンアプリ総ダウンロード(DL)数は3億202万回
■2010年度のスマートフォン有料アプリDL課金市場は67.8億円
■スマートフォン機種別満足度は「Xperia arc」、利用キャリアは「NTTドコモ」が高評価
■今後のスマートフォンには「バッテリーの大容量化」「通信速度の高速化」が望まれる
 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2011年9月6日に、2010年度のスマートフォンによるアプリ市場およびスマートフォン利用における製品・キャリアの満足度を含めた利用実態を発表した。「クロス・マーケティング」のモニターを活用したスマートフォンユーザー2,000人に対するアンケート結果やMM総研の既存データを活用して分析を行った。

■無料・有料合わせたアプリ総ダウンロード数は3億202万回

 無料・有料アプリのダウンロード数について質問した結果、無料アプリの利用経験は1,912人(95.6%)、有料アプリの利用経験は947人(47.4%)となった。

それぞれの利用経験者のダウンロード数を分析した結果、無料アプリの総ダウンロード数は2億5,886万回、有料アプリの総ダウンロード数は4,316万回で合わせて3億202万回となった。

■2010年度の有料アプリダウンロード課金市場は67.8億円

 有料アプリ利用経験のある947人を対象に、利用ジャンル別のアプリ購入金額について質問した結果から、アプリ市場を算出した結果、2010年度の有料アプリダウンロード課金市場は67.8億円となった。

■2010年度のスマートフォンアプリ市場はiOSが8割超

 スマートフォンアプリ市場をOS別にみると、無料・有料合わせたダウンロード数では「iOS」2億1,953万回(72.7%)、「Android」6,978万回(23.1%)、「その他」1,271万回(4.2%)となった。有料アプリダウンロード課金市場では「iOS」57.3億円(84.5%)、「Android」8.3億円(12.2%)、「その他」2.2億円(3.3%)となった。





 
■利用スマートフォンの満足度はソニー・エリクソン「Xperia arc(SC-01C)」が高評価

 利用しているスマートフォンに対する満足度について9項目(「総合的な評価」「重さ」「サイズ(長さ・幅・厚さ)」「画面の大きさ」「画面の見やすさ・精細さ」「形状」「デザイン」「操作性」「機能」)に対する5段階評価を行った。
 その結果「総合的な評価」を含めて9項目全てにおいて高評価を得た製品はソニー・エリクソンの「Xperia arc(SO-01C)」となった。「iPhone4」は「画面の大きさ」などは平均的な評価に留まったが、「機能」「操作性」が高く評価された。NECカシオモバイルコミュニケーションズ「MEDIAS N-04C」は「サイズ(長さ・幅・厚さ)」「重さ」が高く評価された。

■利用スマートフォンのキャリア満足度は「NTTドコモ」が高評価

 利用スマートフォンの購入時や購入後の利用における携帯電話会社に対する満足度について7項目(「総合的な評価」「スマートフォンの品揃え」「販売員・サポートの説明や対応」「販売方法や料金プランのわかりやすさ」「データ通信料金の価格」「ネットワークの繋がりやすさ」「ネットワークの通信速度」)に対する5段階評価を行った。その結果、「データ通信料金の価格」を除いた6項目において僅かな差ながらNTTドコモの満足度が最も高くなった。

■スマートフォン利用者の過半数がセキュリティの不安や心配がある

 スマートフォン利用におけるセキュリティ対策状況を質問した結果、「無料のセキュリティアプリを利用」471人(23.6%)、「有料のセキュリティアプリを利用」84人(4.2%)で合わせて、約28%がアプリによるセキュリティ対策を行っている。一方で、「特に何もしていない・意識していない」689人(34.5%)となった。
 セキュリティに対する心配や不安について質問した結果、「セキュリティの不安や心配がある」1,076人(53.8%)、「セキュリティの不安や心配がない」355人(17.8%)となった。つまり、過半数のスマートフォン利用者がセキュリティに対する不安や心配を持っているが、セキュリティアプリを利用しているユーザーは3割程度に留まっていることが判明した。

■スマートフォン利用者は次の購入時もスマートフォンを購入する意向が高い

 次に携帯電話を購入する際に、再度スマートフォンを購入するか、従来の携帯電話(フィーチャーフォン)を購入するかを質問した結果、「スマートフォンを購入する」1,581人(79.1%)、「従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)を購入する」85人(4.3%)となり、スマートフォン利用者は今後もスマートフォンを購入する意向が非常に高いことが判明した。



■今後のスマートフォンには「バッテリー容量の増加」「通信速度の高速化」を求める意向が高い
 次もスマートフォンを購入する意向を示した1581人に対して、今後のスマートフォンに求めるものを質問した結果、「バッテリー容量の増加」1,255人(79.4%)、「通信速度の高速化」1,017人(64.3%)、「操作性の向上」789人(49.9%)、「最新OSバージョン」768人、48.6%、「軽量化」767人(48.5%)の順となった。


 
 2011年度下期にはLTE対応スマートフォンの登場が予測されるが、大容量バッテリーを備えつつ、軽量化が図られた製品の登場が期待される。

====================
■ 報道関係お問合わせ先
担当  横田、篠崎、河野
電話番号 : 03-5777-0161(代表)
====================

関連レポート
2011.9.7
▶  スマートフォン利用実態と市場規模推移・予測(2011年9月)
国内携帯電話市場は新販売方式の導入や買い替えサイクルの長期化により07年度:5,076、08年度:3,589万台、09年度:3,444万台と2年連続で縮小した。しかしながら、2010年度はiPhoneに加えてAndroidが急成長したことにより、スマートフォン出荷台数は855万台(前年比3.7倍)、総出荷台数も3,764万台(前年比9.3%増)となった。本レポートが11年度以降も更なる成長が期待されるスマートフォン市場の活性化の一助となれば幸いです。
詳細
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
mixiチェック
掲載時における注意事項